スポンサーリンク

海外ドラマ ダウントン・アビー シーズン4 あらすじと感想

海外ドラマ

 

Amazonプライムビデオ

海外ドラマ ダウントン・アビー シーズン4とは?

時は1922年。

壮麗なダウントン・アビーを舞台に展開する人間ドラマ。

クローリー家と使用人は複雑に絡み合う人間関係と新たな試練に直面する。

海外ドラマ ダウントン・アビー シーズン4 各話あらすじ

1. 動き出す時間

マシューの突然の死に、母親になったばかりのメアリーは今も悲嘆に暮れている。

どうしたらいいか、ロバートとバイオレットは意見が合わない。

2. マシューの手紙

メアリーは悲しみを乗り越えて地所の運営に関心を持つが、ロバートの抵抗に遭う。

ベイツは不遇のモールズリーを助けようと計画する。

3. 宴の陰で

ダウントン・アビーで盛大なパーティーが開かれて、

クローリー家は旧知の友人たちと交歓する。

4. ロンドンの一夜

波乱万丈だったパーティーがいろいろと余波を残す。

メアリーは将来に関する疑問に直面する。

カーソンは驚くほど詳細なまでに過去を明かす。

ローズは華やかな夜のロンドンに遊びに出かけて、

クローリー家の評判を傷つけかねないことに。

5. ことの真相

変化の予感。

アルフレッドにすばらしいチャンスが訪れて、

アイビーとデイジーの関係が緊迫する。

6. 誕生日の波乱

ロバートの誕生日パーティー。

ローズが招いた人物に、貴族も使用人も眉をひそめる。

7. ある夜の出来事

プレイボーイで知られるコーラの弟ハロルドが窮地に立たされ、

ロバートが救いの手をさしのべるためにアメリカへ。

ダウントンの農場では問題が発生。

ブレイクとメアリーは違いを乗り越えて解決を図る。

バイオレットは病を患うが、思いがけない人物に看病される。

8. 胸騒ぎ

困ってしまったイーディスを助けようと企てるロザムンド。

しかし、バイオレットに見抜かれているのか?

9. 社交界

ローズの社交界デビューに向けて一家は使用人も総動員でロンドンへ。

10. 恩返し

王太子のラブレターがサンプソンに渡った責任が

クローリー家にあると知ったロバートは、

王室の名誉を守るため一家総出の奪還作戦を企てる。

一方デイジーに好意を持つハロルドの従者イーサンは、

彼女をハロルドの料理人としてアメリカに連れて帰るよう画策する。

海外ドラマ ダウントン・アビー シーズン4 感想

ダウントンアビーでの私の好きな女優さんは、マギースミスさん

伯爵未亡人のバイオレットです。

主人公ハリー・ポッターの在籍するホグワーツ魔法魔術学校の教師

ミネルバ・マクゴナガル先生を演じました。(このほうが解りやすいかも)

なんとも味のある女優さんですね

毎回バイオレットの登場にワクワクします。

今回は何の嫌味をゆうんだろーって!

ダウントンアビーのもう一つの楽しみは、パーティでの衣装や

豪華な食事ですが、貴族の食事って大変です。

食事の為に、着替えて正装しなきゃいけないのね!

家で、スウェットでだらけてる人には考えられない食事マナーですよ。

Amazonプライムビデオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました