スポンサーリンク

韓国映画「ソウォン/願い」ナヨン事件を基にした衝撃作品!涙無くしては見れません。

韓国映画
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

U-NEXTで見放題となっています

韓国映画「ソウォン/願い」とは?

心に傷を負った少女、絶望の底に堕とされた家族が

再び立ち上がる奇跡の感動物語。

韓国で実際に起きた暴行事件をベースにしたドラマ。

(ナヨン事件)後で詳しく説明します。

被害者家族を襲うシビアな現実と共に、

壊された家族の絆と日常を取り戻そうとするやり取り、

姿には涙が抑えられない。

韓国映画「ソウォン/願い」キャスト

(ドンフン) ソル・ギョング
(ミヒ) オム・ジウォン
(ソウォン) イ・レ
(ひまわりセンター心理療法士) キム・ヘスク
(ヨンソクの父) キム・サンホ
(ヨンソクの母) ラ・ミラン

(ヨンソク) キム・ドヨプ

韓国映画「ソウォン/願い」あらすじ

ある雨の朝、学校に行く 途中で8歳の少女ソウォン(イ・レ)は

酒に酔った男に連れて行かれ、恐ろしい暴行事件に遭う。

身体と心に生涯消すことができない傷を受けたソウォン。

「大腸やらの内蔵が破損され、このままでは命が危ないので、
人工肛門を付けなくては助からない」

医師から言われた言葉が、更に家族を悲しみに・・・

信じがたい状況に泣き崩れる父親のドンフン(ソル・ギョング)と

母親ミヒ(オム・ジウォン)。

しかも、事件を知ったマスコミが病院に殺到し、

両親はソウォンを社会の好奇の目から懸命に守ろうと必死な中、

犯人の有罪を立証するために、裁判で傷ついたソウォン自身の証言が必要となり、

家族はさらに追い詰められることに。

そんな中、ソウォンがドンフンを見る度に、

事件の際の犯人の男の記憶が蘇って怯えるようになり、

ドンフンは娘に近寄ることさえ出来なくなってしまう。

しかし、暴行被害者団体やソウォンの同級生らの支えにより

徐々に再生への道を歩み出す。

韓国映画「ソウォン/願い」ナヨン事件について(残酷!閲覧注意)

2008年12月11日8時30分、当時56歳の男性は酒に酔ったまま、

安山市檀園区の教会の前の路上で学校に登校中の当時8歳の女子児童

(仮名:キム・ナヨン)を発見し、教会に行かなければならないと言って

少女を教会のトイレに連れ込んだ。

男は性器を露出し、洗うように要求したが拒否されると頭部を殴るなどし、

少女が泣き出すと首を絞めて気絶させた。

男はアナルセックスなどで射精した後、

発覚を恐れて便器で使う器具を少女の肛門に入れて精子を吸い取ったため、

脱腸するなどして内臓が壊死した。

また頭部なども水道水で洗ったため、視力低下と鼻腔炎、

内耳炎を引き起こし、男は水道水を流しっぱなしにしたまま少女を放置し立ち去った。

少女は鼻骨骨折など最小でも全治8週間の怪我と、

肛門と膣の80%を失うなどの身体障害を負った。

犯人のチョ・ドゥスンは、前科17犯

当時、検察は犯行の残酷性を考慮し、チョ・ドゥスンに無期懲役を求刑した。

しかし裁判所は無期懲役を選択したものの、同時に被疑者が酒に酔った

「心身微弱」状態だったと認め罪を軽減。

結局、懲役12年の刑を宣告し、この決定は韓国で多くの論議を巻き起こした。

現在、チョ・ドゥスンは青松刑務所で服役中だが、2020年12月に出所予定だ。

児童性犯罪者チョ・ドゥスンの出所を控え、

青瓦台(大統領府)には30万人以上からの出所反対請願が届いているという。

チョ・ドゥスンの出所に備えて、韓国では性犯罪者の実名公開制度ができ、

電子足輪や化学的去勢などの保安処分を可能にする法改正が成立した。

韓国映画「ソウォン/願い」感想

雨の中、濡れてるおじさんを放っておけず、傘に入れてあげた事で

事件に巻き込まれてしまう、ソウォンちゃん。

被害にあった後、パパとママが忙しいと言う理由で

自分で警察に電話するんです。

ここでもう、涙が・・・

瀕死の状態なのに、悪いおじさんを捕まえてほしい!

必死で、犯人の特徴を話します。泣・・・

以前ご紹介した映画「ある母の復讐」も

この事件をテーマにしたものです。

今回の映画と決定的に違うのは、復讐をテーマにしていない事。

希望がテーマになってる作品なんです。

裁判でも、必死に証言する健気な、ソウォンちゃん。

娘を必死に守る両親と、ソウォンちゃんを守ろうとする

地域の人達。

印象に残ったのは同級生のヨンソクが言った言葉、

「あの日一緒に学校へ行ってたら、ソウォンを守れた」

そう言って、号泣する姿に心を打たれます。

ヨンソクは、ソウォンちゃんが学校に通うようになると

ナイトの様に後ろをついて、守ってるのが可愛い!

悲惨で痛ましい事件の中、ソウォンちゃんに弟が生まれます。

彼女の名前は「願い(ソウォン)」
弟の名前は「望み(ソマン)」

家族の絆と愛情で幸せに生きていく姿に感動します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. ナヨン事件の犯人がもうすぐ出てくるとは‥
    出て来ても殺されるんじゃないですかね?

    しかし、読んでて胸が痛くなりました。
    恐ろしい事件ですね

    • アバター ダメうさぎ より:

      コメントありがとうございます。

      そうなんですよ 犯人が出てくるとか怖いですよね

      まともな社会生活が送れない様にして欲しいと思います。

      実際の事件の事を知ると、いたたまれない気持ちですね

タイトルとURLをコピーしました