スポンサーリンク

映画 アンジェリーナ・ジョリー「テイキング・ライブス」ネタバレアリ

洋画
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

映画「テイキング・ライブス」ってどんな映画?

2004年のアメリカ作 サスペンス

少年時代から殺人を繰り返しては、被害者たちに成りすましてきた

殺人鬼の設定がなんとも不気味。

実力派たちの力演に加え、どんでん返しが待ち受けるラストも見逃せない。

殺した人物に成り代わって生きる猟奇犯と

敏腕FBIエージェントが激突!

映画「テイキング・ライブス」キャスト

(イリアナ・スコット捜査官)
アンジェリーナ・ジョリー
(コスタ)
イーサン・ホーク
(ハート)
キーファー・サザーランド
(アッシャー夫人)
ジーナ・ローランズ
(パーケット)
オリヴィエ・マルティネス
(レクレア)
チェッキー・カリョ
(デュバル)
ジャン=ユーグ・アングラード
ポール・ダノ

映画「テイキング・ライブス」あらすじ・ネタバレもあり

カナダの少年マーティン・アッシャーが電車で知り合った少年を誘って車で旅をし、

途中タイヤ修理をしている少年をやってきたトラックに轢かせ、顔をつぶし

その少年になりすます。

1983年、カナダで、マーティン・アッシャーという名の少年が、

交通事故で亡くなったと報じられる。

その後、ある工事現場で白骨化の進んだ死体が発見され、

モントリオール警察のレクレア(チェッキー・カリョ)は、FBIに捜査協力を要請する。

単身で乗り込んできた特別捜査官の女性イリアナ・スコット

(アンジェリーナ・ジョリー)は、

殺人犯像を分析するプロファイルの天才だった。

次の事件の目撃者の男性コスタ(イーサン・ホーク)に、イリアナは尋問する。

一方、「交通事故で死んだはずの息子を目撃した」と、

老婦人アッシャー夫人(ジーナ・ローランズ)が警察に届け出る。

捜査により、マーティン・アッシャーが生きていることが確実となる。

マーティン・アッシャーは、自分の死を偽装するため、最初の被害者に成りすまし、

以降それを繰り返しているのだ。

そしてその人生に飽きたら、次の獲物を探す…

そのようなことを繰り返していたのだった。

イリアナの直感は、彼が近くにいると告げていた。

一方、彼女はコスタに惹かれ始めており、2人は肉体関係を持ってしまう。

だがそのあと、コスタがアッシャー夫人を殺害したことから、

コスタこそがマーティンだと判明する。

しかし、ここでコスタは捜査の手を逃れてしまった。

イリアナはFBIを解雇される。

7ヶ月後、イリアナは田舎で一人暮らしをしていた。

お腹の大きくなったイリアナはベビー用品などを買い、

部屋を飾りつけたりしていた。

そこに現れたのがコスタ(マーティン)

コスタはイリアナを襲い、お腹にナイフを突き立てる。

だが、そのお腹の膨らみはダミーだった。

逆にコスタにナイフを突き立てたイリアナは

事件が終わった事を報告するのだった。

映画「テイキング・ライブス」感想

まさかのラスト!ここは面白かった

しかし、もうイーサン・ホークが怪しさ満点!

犯人です!って分かりすぎて、逆に見てるほうが

もー犯人ってわかるでしょ?ぐらいの突っ込みを入れたくなります。

そして、途中は「テイキング・ライブス」でしょ?

他人になりすましてはどこへ?

もうタダの連続殺人ですよ・・

え~~!

途中で、自動車事故に見せかけ殺されるのが

何と!ジャックバウアー!(キーファー・サザーランド)が

チョイ役で出てます。

もう!この際ジャックバウアーが犯人でも良かったよ?

「私はジャック・バウアー。今日は今までで一番長い日になる。」

とか言って欲しいわ~~(笑)

全体的に見ると、ラストのどんでん返しで救われたかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. この映画は未見です。
    しかし‥キーファー・サザーランドがチョイ役とはもったいない
    そういや彼最近観ませんけど、映画とか出てるのかな?

    この映画はここで読んだだけで観なくても良さそうですね。
    ありがとうございました。

    • アバター ダメうさぎ より:

      コメントありがとうございます

      そうなんですよ~~ あの!ジャックがチョイ役なんてねー

      勿体ないです! 全然見なくてもいいかも~って感じですよ

タイトルとURLをコピーしました