韓国ドラマ 「デュエル~愛しき者たち~」あらすじと感想・ネタバレ

韓国ドラマ

U-NEXTで見る動画

U-NEXT

スポンサーリンク

韓国ドラマ 「デュエル~愛しき者たち~」のご紹介

愛する者のため、彼らは真実を追い求める…。

謎が謎を呼ぶ新感覚ヒューマンドラマ

実力派、チョン・ジェヨン、悪役初挑戦のキム・ジョンウン、

一人三役をこなす新人、ヤン・セジョンが共演。

刑事、濡れ衣を着せられた男、真犯人の追跡劇がスリリング。

韓国ドラマ 「デュエル~愛しき者たち~」キャスト・相関図

チョン・ジェヨン
キム・ジョンウン
ヤン・セジョン
ソ・ウンス

韓国ドラマ 「デュエル~愛しき者たち~」各話 あらすじ

第1話 愛娘の誘拐

刑事のドゥクチョンは、白血病の娘・スヨンが新薬投与者に選ばれ喜ぶ。

しかし、治療を終えたスヨンは何者かによって誘拐されてしまう。

スヨンを連れ去る男の顔を見たドゥクチョンは必死に犯人を捜すが…。

第2話 同じ顔の男

バスターミナルで捕まえた男は、過去の記憶が全くなく、

スヨンも同じ顔の男も知らないと主張する。

しかし、誘拐現場に残された犯人のDNAと指紋は男のものと一致した。

検事・ジョヘは男を地方の拘置所へ移す。

第3話 スヨンの行方

ドゥクチョンは男のわずかな記憶を頼りに釜山へ向かった。

ジョヘも捜査チームを釜山に向かわせる。

手掛かりをたどる男は、自分と同じ顔の男が目の前で人を殺し、

「お前が殺した」と言われ混乱する。

第4話 殺人予告

ジョヘのもとにイ・ソンジュンの名前で殺人予告が届いた。

男はドゥクチョンに対し、自分の名前はイ・ソンジュンだと思うと告げる。

ミレは母が残した名簿に名前があったチェ・ジュシクの手掛かりを探すため…。

第5話 同じ顔が3つ

チェ・ジュシクの目の前にソンジュンと同じ顔をした男・ソンフンが現れ、

あるリストを奪い、ジュシクを殺害する。

全てを見ていたミレは、捜査チームの追跡から逃れたドゥクチョンと

ソンジュンを自宅にかくまう。

第6話 リストをめぐる駆け引き

ソンジュンの記憶の中にミレを身ごもっているミレの母、

リュ・ジョンスクが浮かび上がる。

チャ・ギロはボスから、ソンフンが入手した移植者リストを持ってくるよう

命じられるが、ソンフンはリストを燃やしてしまう。

第7話 24年前の秘密

ドゥクチョンはチャ・ギロを人質にしてスヨンを取り戻そうとする。

だが、ソンフンはパク・ドンスル殺害がスヨン解放の条件だと告げる。

ジョヘはドンスルから、24年前に行われたあることを聞き出す。

第8話 ソンフンの目的

何としてもスヨンを救いたいドゥクチョンは、

警察を欺いてパク・ドンスルをおびき出す。

また、ドゥクチョンはソンフンの真の狙いがドンスルの腎臓だと知ると、

改めてソンフンにスヨン解放の取引を持ちかける。

第9話 取り戻した記憶

ソンジュンは自宅に戻り、徐々に過去の記憶を取り戻す。

ドゥクチョンはパク・ドンスルをソンフンに引き渡してスヨンを取り戻そうとする。

しかし、あと一歩のところでスヨンは再びソンフンに連れ去られてしまう。

第10話 ソンジュンとソンフン

ソンフンに成り済ましたソンジュンは、パク・ソジンに会いに行く。

24年前に臓器移植手術を受けた人物の名前を知ろうとするソジンに対し、

ソンジュンの頭の中にはイ・ヨンソブが誰かに治療剤を渡す記憶が浮かぶ。

第11話 12年前の因縁

ドゥクチョンはソンフンが自分を恨む理由について、あることを思い出していた。

また、サニョン製薬会長の意識が2年ぶりに回復する。

ジョヘは自分に左遷を告げた部長検事とサニョン製薬との関係に着目し…。

第12話 治療剤の行方

ジョヘの口添えでドゥクチョンが現職に復帰。

リュ・ジョンスクが受け取った治療剤の行方を知りたいドゥクチョンは、

ジョンスクの過去を調べ始める。

スヨンと同様、パク・サニョン会長にも新薬の副作用が出ていた。

第13話 新たな事実

ドゥクチョンらはリュ・ジョンスクのかつての友人に会いに行き、

ジョンスクの娘についてある事実を知る。

ソンフンはパク・サニョンに恨みを晴らそうとし、

ソンジュンは母親代わりだったハン・ユラと再会を果たす。

第14話 ソンジュンの苦悩

ミレはバイクにひかれそうになったハン・ユラをかばい大けがを負う。

さらに実母の存在を知りショックを受ける。

ソンジュンは徐々にイ・ヨンソブの記憶が鮮明になっていくことで、

自分の存在について思い悩む。

第15話 ソンフンの怒り

重体だったミレが急速に回復していると知ったパク・サニョンは、

ミレを検査するように指示を出す。

ミレはハン理事によって拉致された。ソンフンは幼い頃に自分を連れていった

検事の名前を知り、復讐を決意する。

第16話 人間らしく

骨髄採取を受けたミレ。ところが、パク・サニョンの指示によって、

ミレの骨髄はサニョン製薬の手に渡ってしまう。

さらに、それをソンフンが奪う。

ソンジュンは事態を知り、ソンフンの家を訪ねる。

韓国ドラマ 「デュエル~愛しき者たち~」感想・ネタバレ

主役の新人 ヤン・セジョンが1人3役をこなしているのが凄い!

3人とも別イメージなのに、上手くこなしてると思います。

ヤン・セジョンが演じるのは、オリジナルとクローン人間2人

ソンジュンとソンフンを見事に演じ分けています。

善と悪のような、極端な役ですが、表情、目つきなど

全てを別人の様に演じているのは、見てる側が圧倒されます。

オリジナルの役は、善でも悪でも無い。

研究者の役ですが、子供を助けたい親の願いも良く出ています。

もう1人の主役

ベテラン俳優のチョン・ジェヨン。

娘を誘拐された刑事役ですが、娘を助けるために命をもかける!

刑事と父親の顔を、見事に演じ分けています。

中盤からは、スヨン(娘)の本当の父親の様に見える位です。

初回から謎だらけの展開で、次々謎が深まり途中では

何がどうなって、だれがどうなの~~~!

ちょっとパニック!

しかし、後半はどんどんと深まる謎のと同じぐらい

ツジツマがあってきます。

絡まる糸がほどける様な、すっきり感と

最終回でのソンフンの死が、悲しくクローン人間の

幸せになる事難しさを描いているような気がします。

近い将来、医学の進歩により治らない病気はない?

もしかしたら、クローン人間も?

そんな気がした、ドラマでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました