スポンサーリンク

映画「ユージュアル・ネイバー」マッド・マザー あらすじと感想

洋画
Amazonプライムビデオ

観る者すべてを裏切る、衝撃のマッド・サスペンス映画

「ユージュアル・ネイバー」

映画「ユージュアル・ネイバー」キャスト

キャスト
  • サマンサ・モートン
  • ピーター・フォンダ
  • チャーリー・ターハン
  • マイケル・シャノン
  • メドウ・ウィリアムズ

映画「ユージュアル・ネイバー」あらすじ

父親が死んで以来、まだ立ち直れていない少女のマリアンは、

NYに住む祖父母の家へと引き取られることに。

家の近所を探索していると、ある一つの家を発見。

そこで、同年代で寝たきりの少年、アンディに出会う。

ずっと病気で学校にも行っていないアンディは、初めて出来た友達に興奮、

それから二人はしばしば一緒に時間を過ごす。

アンディの父親のリチャードは、息子に友達が出来た事を喜んでいたが、

母親で外科医のキャサリンは、なぜかマリアンの存在を良く思っておらず、

ついには、二度と来ないでほしいと突き返す。

それでも、アンディの元を訪れる事を止めないマリアン。

何かがおかしいと思い始めた彼女は、調査を始めるうちについに

衝撃的な事実にいきつき、アンディを救う事を決意するが…。

寝たきりの少年、やさしい父親、過保護な母親、そして地下に繋がる謎の部屋。

何かがおかしい隣家の恐るべき姿が明らかになっていく……。

映画「ユージュアル・ネイバー」感想 ネタバレを含みます。

感の良い方だと、このジャケットを見ただけで、

え??もうネタバレしてない?って思うと思います。

しかも、ホラーだと思ってみていたら、全く違っていました。

過保護の母親キャサリンの行動すべてが、謎。

これは、過保護から来るものなのか?

それとも虐待になるのか?

キャサリン役のサマンサ・モートン

彼女の演技の迫力はすごく、特に、映画半ばからの

キャサリンの狂気には、恐ろしいものがあります。

マリアンの祖父の、ピーター・フォンダ

高齢ではありますが、若き頃の映画を沢山見ているので

何だか、懐かしい~ そして、まだまだ、かっこいいです!

そして、地下室にいる少年!彼こそがこの家の子供

アンディは、赤ちゃんの頃に誘拐された少年です。

キャサリンは、自分の子どもが生まれつき心臓疾患があることを知り、

医者であることを利用して病院から赤ん坊をさらいました。

誘拐されたアンディは、夫婦の本当の息子を生かす為だけの

材料・・・心臓移植をするつもりだった。

病院から誘拐し、歩く事を教えず(逃亡防止?)車椅子生活にさせ

夫婦の本当の息子に臓器を移植する為だけに、育てられる。

しかし、父親は育ててきたアンディに、情が移り

何とか、改心した父親に救われます。

父親は、地下室で死にかけている息子と共に

家に火を放ち、自殺を図ります。

それを見た母親も、炎に包まれ家族三人は悲惨な最後を迎えます。

マリアンは、ちょっとお節介かな?と言う女の子

しかし、マリアンのお節介がアンディを救うんです。

マリアンの助けで、無事脱出する事が出来たアンディ。

ラストシーンで、少年は希望していた野球を、

同じ年ごろの少年たちと、する事が出来ます。

元気に歩けるようになったんですね

最後は、ちょっと感動する映画でした。

Amazonプライムビデオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました