映画 「サスペリア」(2018)決してひとりでは見ないでください?

洋画

U-NEXT

スポンサーリンク

映画 「サスペリア」(2018)とは?

2018年製作 イタリアとアメリカのホラー映画

1977年制作のダリオ・アルジェント監督のホラー映画『サスペリア』のリメイク。

オリジナル版の主演女優であるジェシカ・ハーパーも出演しています。

日本公開時のキャッチコピーは、「その踊りは、死を招く。

そして、オリジナル版と同じ「決してひとりでは見ないでください。」が採用された。

映画 「サスペリア」(2018)キャスト

ダコタ・ジョンソン
ティルダ・スウィントン
ミア・ゴス
クロエ・グレース・モレッツ
ジェシカ・ハーパー

映画 「サスペリア」(2018)あらすじ

1977年、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団

<マルコス・ダンス・カンパニー>に入団するため、

スージー・バニヨンは夢と希望を胸にボストンからやってきた。

初のオーディションでカリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、

すぐに大事な演目のセンターに抜擢される。

そんな中、マダム・ブラン直々のレッスンを続ける彼女のまわりで

不可解な出来事が頻発、ダンサーが次々と失踪を遂げる。

一方、心理療法士クレンペラー博士は、患者であった若きダンサーの行方を捜すうち、

舞踊団の闇に近づいていく。

やがて、舞踊団に隠された恐ろしい秘密が明らかになり、

スージーの身にも危険が及んでいた。

映画 「サスペリア」(2018)感想とネタバレ

又、やってしまった・・・タイトルに惹かれて見た映画!

これは、オリジナルとは完全に別物の映画です。

オリジナル版がバレエ団でこちらは舞踊団。

オリジナル版は、何かがおかしい学校!

そして、魔女?少しずつ解明されていくのですが

こちらは最初から、魔女全面出し!

この映画は、オリジナルより時代背景をより

濃く描いています。

キリスト教以前に

3人の魔女が実在

「マザー・テネブラルム」(暗闇)
「マザー・ラクリマルム」(涙)
「マザー・サスペリオルム」(嘆き)→「スージー」

映画の最後に、スージーが「マザー・マルコス」を殺します。

結論から言うと、悪い魔女たちが若い女性を食い物にしていたので

悪い魔女を退治する為、スージーが舞踊団に入団!

ラストシーンで繰り広げられる

「サバト」(悪魔崇拝の儀式)は狂気の世界でした。

「決してひとりでは見ないでください」このキャッチコピーは

オリジナルでは怖さを増幅させましたが、

個人的に今回は、「決してひとりでは見ないでください」的な感じです。

リメイクだと期待してみると、失望します。

全くの別物だと思えば・・・それでも微妙かも知れません。

賛否分かれるかもしれませんが、私には退屈な映画でしかなった気がします。

レビュー書くか迷ったのですが・・ざっくり書いてしまいました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. これ観たかったんスよ。ダコタ・ジョンソン出てるんですね~。
    ますます観たいが、Netflix配信待ちです。

    しかし…ブログ読んだら‥観なくても良い作品みたいですね情報ありがとうございました。

    • アバター ダメうさぎ より:

      U-NEXTでポイント使ってみたのですが、残念でしたよ

      無料で見るのは有りかもしれません

      ホラーとしては・・・微妙ですが、時代背景は濃いですね

タイトルとURLをコピーしました