映画「プーと大人になった僕」2018(アメリカ)あらすじと感想

洋画
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

スポンサーリンク

映画「プーと大人になった僕」とは?

A.A.ミルンの詩集から生まれ、多くの人々に愛される

「くまのプーさん」を実写映画化。

日々のなかで忘れがちな「本当に大切なモノ」

を思い出させてくれる物語に心温まる

子供時代のちょっとしたマジックを求めている観客にとって、

同作は十分に魅力的な作品です。

映画「プーと大人になった僕」キャスト

クリストファー・ロビン – ユアン・マクレガー

子供時代のクリストファー・ロビン – オートン・オブライエン

イヴリン・ロビン – ヘイリー・アトウェル

マデリーン・ロビン – ブロンテ・カーマイケル

ジャイルズ・ウィンズロウ – マーク・ゲイティス

映画「プーと大人になった僕」あらすじ

イギリスの田舎に住む少年クリストファー・ロビンは、

100エーカーの森でくまのプーさんとその仲間たちと楽しい日々を過ごしていたが、

ロンドンの私立寄宿学校に入学することになり、

お別れパーティーでプーと森の仲間たちに

「君たちのことは絶対に忘れない」と約束した。

しかし、親元を離れた学校での厳しい躾や教育、父親の死、

第2次世界大戦の出兵などを経て、その約束は忘れ去られ、

いつの間にかクリストファーは普通の大人になっていった。

首都ロンドンで、旅行カバン会社のウィンズロウ社で働くクリストファーは、

多忙のゆえ愛する妻イヴリンと娘マデリーンとの間に溝を作るようなってしまった。

ある日、家族と週末にクリストファーの故郷の田舎に旅行する計画を立てたが、

会社グループの2代目支社長ジャイルズから、

業績不振の打開策の提案を急遽押し付けられてしまい、

家族との約束も守ることができず、一人ロンドンで仕事をすることになった。

その頃、100エーカーの森ではプーが異変に気がついた。

森の仲間たちが一人もいないのだ。プーは

「親友のクリストファー・ロビンなら何とかしてくれる」と考え、

かつてクリストファーが使っていた魔法の扉をくぐると、

ロンドンのとある公園に出ることができた。

休日出勤の帰り道、自宅前の公園のベンチに腰掛けるとそこにはプーの姿があった。

数十年ぶりの再会に歓喜する二人だが、魔法の扉は消えてしまい、

プーはロンドンに取り残されてしまった。

プーをアパートに連れて帰るクリストファーだが、

無邪気でドジなプーのおかげて家の中はめちゃめちゃになってしまい、

仕事どころではなくなってしまう。

クリストファーは仕方がなく、翌朝プーをロンドンの駅から

列車に乗って故郷の100エーカーの森へ送り届けることになる。

映画「プーと大人になった僕」感想

くまのぷーさんの物語ですが、クリストファーとぷーさんの

心温まるお話です。

皆、大人になると子供の頃の純真さは失われてしまいます。

勿論!仕方のない事ですが、それを思い出させてくれるような映画でした。

ぷーさんや森の仲間達は可愛くて、思わず笑みがこぼれます。

個人的には、ぷーさんや、森の仲間がクリストファー以外の

人間の前でも、話が出来たり動いたり出来る事に

少し疑問?イヤ!不満を感じました。

ぷーさんと森の仲間は、あくまでもクリストファーの

子供の頃の想像の中だけであってほしかったなぁ~と思います。

子供と一緒に見る映画としては、面白い映画でした!

ブログランキング・にほんブログ村へ

U-NEXTで見る動画

U-NEXT

Amazonプライムビデオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました