スポンサーリンク

映画「マレフィセント2」あらすじと感想 ネタバレなし

洋画

映画「マレフィセント2」ってどんな映画?

「眠れる森の美女」でオーロラ姫に永遠の眠りの呪いをかけた

マレフィセントを主人公に、アンジェリーナ・ジョリー主演で実写化した

「マレフィセント」の続編です。(前作は2014年)

構造としては人間の国VS妖精の国です。

前作の数年後を舞台に、オーロラ姫と暮らすマレフィセントに忍び寄る敵や、

新たな呪いをめぐる物語が描かれる。

映画「マレフィセント2」キャスト

マレフィセント アンジェリーナ・ジョリー
オーロラ姫 エル・ファニング
イングリス王妃 ミシェル・ファイファー
フィリップ王子 ハリス・ディキンソン
ディアヴァル サム・ライリー

映画「マレフィセント2」あらすじ・感想

“邪悪な妖精”として恐れられていたマレフィセントが

真実の愛を見つけた数年後が舞台。

ムーア国の女王オーロラは、からかう妖精たちに冠を奪われ、

追いかけているうちに水に落ち、そこへアルステッド国の

フィリップ王子が現れます。

実は妖精たちが協力して、ここでふたりが会うように仕向けたのでした。

フィリップはそこでオーロラにプロポーズをし、

オーロラはすぐに「イエス」と返事をしました。

マレフィセントはオーロラ以外の人間を信用していませんし、

アルステッドの兵士たちもムーアの妖精たちをよく思っていません。

フィリップの父ジョン国王は平和を愛する人物でふたりの結婚に大賛成ですが、

妻であるイングリス王妃は城の地下で秘密裏に武器を作らせていて、

いつムーアと戦争になってもいいように備えています。

この結婚には妖精界を滅ぼそうとする罠が仕掛けられていたんです。

息子とオーロラの結婚を認めたのは、妖精の世界を壊滅させたいから。

憎きマレフィセントが溺愛するオーロラ姫を自分のファミリーに迎え入れ、

マレフィセントをはじめとする妖精を一網打尽にしようと画策する。

婚礼に先立って両家揃っての晩餐会が催されることになりました。

オーロラは、少しでも良い印象を与えようとマレフィセントの角に

ヴェールをかけて隠すことにしました。

王妃はことあるごとにイヤミな発言をしてマレフィセントを苛立たせ、

ついにマレフィセントは翼を広げて魔法を使ってしまいます。

窓を破って外へ飛び出したマレフィセントに、王妃の部下が

遠ざかるマレフィセントに向けて鉄の弾を撃ち込みます。

ケガを負ったマレフィセントが目を覚ますと、

闇の妖精の住処でした。

ここで、マレフィセントの正体は「不死鳥(フェニックス)」。

生と死を司るパワーを持っていることを、知るのでした。

一方、城の地下では王妃の命令で、鉄の弾が大量に作られています。

そして、対妖精用の兵器も開発されていました。

結婚式の日、オーロラ姫に危機が迫ります。

愛するオーロラ姫を救うため、美しきヴィラン、マレフィセントの

“究極の愛”が今、試される。

これ以上書き続けるとネタバレまで書きそうなので、ここで終わりますが、

有名な「眠れる森の美女」をここまで広げた物語に出来るのは

さすが、Disneyならではかもしれません。

オーロラ姫を目覚めさせたのは、マレフィセントの中に

芽生えた「真実の愛」です。

物語では王子の存在感は、少し薄いかもしれません。

血のつながった親子でも無いが、絆を見せてくれた

マレフィセントとオーロラ姫。

ディズニーが送る「真実の愛」を是非ご覧ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. 「マレフィセント2」観に行ったんですねー。
    アンジェリーナ・ジョリー、ブラピと離婚したのは残念ですが、頑張ってますね。
    さすが、Disney映画って感じでしょうか?
    これもDisney+で観えるんですかね?楽しみだなあ~。

    • アバター ダメうさぎ より:

      連続で、映画を見に行くと

      結構ぐったり疲れがでるんですよねー(笑)

      家で、見れるのが1番ですが、どうしても見たいものは

      出かけなきゃいけないしねー

      これはもう、Disneyって感じでした。

      そのうち配信されそうですよねー 

      アンジェリーナ・ジョリーは、やっぱすごいよ~

      素敵な女優さんですよね

タイトルとURLをコピーしました