スポンサーリンク

映画「レッド・ドラゴン」レクター博士4部作の3作目 ネタバレと感想

洋画
Amazonプライムビデオ

映画「レッド・ドラゴン」ってどんな映画?

トマス・ハリスの小説『レッド・ドラゴン』の映画化作品。

ハンニバル・レクター博士シリーズ4部作のうちの3作目。

精神に異常をきたした連続殺人犯の捜査をめぐるサイコ・サスペンス映画

アカデミー賞受賞作品となった『羊たちの沈黙』で登場する

FBI捜査官クラリス・スターリングに出会う直前までを映像化している。

ハンニバル・レクター博士シリーズ4部作とは?

①「羊たちの沈黙」(1991)

②「ハンニバル」(2001)

③「レッドドラゴン」(2002)

④「ハンニバル・ライジング」(2007)

これを、時系列で並べ替えると

①「ハンニバル・ライジング」(2007)

②「レッドドラゴン」(2002)

③「羊たちの沈黙」(1991)

④「ハンニバル」(2001)

今回ご紹介する作品は、「レッドドラゴン」です。

映画「レッド・ドラゴン」キャスト

ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)

ウィル・グレアム(エドワード・ノートン)

ジャック・クロフォード(ハーヴェイ・カイテル)

フランシス・ダラハイド(レイフ・ファインズ)

リーバ・マクレーン(エミリー・ワトソン)

映画「レッド・ドラゴン」あらすじ

FBI捜査官ウィル・グレアム(エドワード・ノートン)は、

犯罪精神医学の権威ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)から

助言を受けながら、連続殺人事件を追っていた。

ある事件の捜査にあたって、人肉を喰う狂気の天才精神科医

ハンニバル・レクター(真犯人だった)に

殺されかかり、それを機にFBIを退職します。

3年後、FBIを退職しフロリダ州マラソンの海辺で暮らすウィルのもとへ、

元上司ジャック・クロフォード(ハーヴェイ・カイテル)が訪ねてくる。

アラバマ州バーミングハムとジョージア州アトランタで起きた

連続一家惨殺事件の捜査協力を依頼されたウィルは、期間限定で現場へ復帰する。

一方、荒れ果てた屋敷に一人住むビデオ加工技師

フランシス・ダラハイド(レイフ・ファインズ)は、

自身の障害や生い立ちからくるトラウマに悩まされ、

自らを脱却し超越することを望んでいた。

この異常な連続一家惨殺事件を捜査する為、

ウィル・グレアム(エドワード・ノートン)は、

終身刑を宣告され、ボルティモアの精神病院に収監されている

ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)に助言を求める。

資料をみたハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)は、

「月にこだわる巡礼者(ピルグレム)なら、外で月を見たいと思うはず」

「月の光で見る血は真っ黒なんだよ」

謎かけだらけのハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)の

回答から、ウィル・グレアム(エドワード・ノートン)は犯人への

手がかりを見つけ、犯人に迫る。

映画「レッド・ドラゴン」ネタバレと感想

犯人は、この家族ビデオを見て殺害する家族を物色していたと

気が付いたウィル

家族ビデオはホームビデオで撮影したものを、

制作ビデオ会社に編集して作らせたものだった。

ビデオ加工技師の

フランシス・ダラハイド(レイフ・ファインズ)が

犯人だと気が付くが、その頃、フランシスは

視覚障害をもつ女性リーバ・マクレーン(エミリー・ワトソン)

に惹かれていきます。

リーバを手に入れられれば自分は充分に幸福になれると考えた

ダラハイドは、背中に入れ墨として入れている、

ウィリアム・ブレイクの200年前の絵(レッドドラゴン)

を見せてもらい、美術館員・ジェニーを

気絶させて絵を破って食べます!

これで、内側にレッドドラゴンを取り込み、

自分が変身を果たしたと思い込んだのです。

しかし、製作会社にウィルが入っていくのを見た

ダラハイドは、逮捕が時間の問題だと察知します。

リーパーと心中する為、家の中に灯油をまき

火を放ちますが、リーパーを撃てず銃声を聞いた

リーパーは、遺体に触れてしまいます。

盲目の為、ダラハイドが自殺したと思い込みます。

実は、ダラハイドの遺体では無かった!

事件は解決したかのように見えたのですが・・・。

ダラハイドウィルの自宅に侵入してきます。

何故、ウィルの自宅が分かったのか?

ダラハイドレクターのファンで収監されている

レクターにファンレターを送っていた。

レクターは、新聞の夕刊に数字の羅列で

返信していた。

そして、数字の羅列を解析すると?

『グレアムの自宅はフロリダ州マラソン 一家を殺せ』

何故、レクターはウィルの自宅を知ることが出来た?

収監されていた場所から、かかって来た電話の

フックををあやつり、

(電話機にはボタンがなく、本来はかけることができない)

シカゴ大学に電話してバイト生に荷物を送るのだがと言い、

ウィルがフロリダ州のマラソンに住んでいることを突き止めます。

(この辺りは、少し出来すぎてる気がするんですが・・ね)

死闘の末、ダラハイドを射殺。

ウィルの事件を知ったレクターは、FBI経由で

ウィル宛に手紙を書きます。

「君は夢を見るか? 君をいつまでも思っているよ」

独居房にいるレクター博士に、面会予約が入ります。

チルトン医師は「FBIの若い女性。断ろう」と言いますが、

レクターは「その女性の名は?」と質問・・

そして、ここからが映画「羊たちの沈黙」に繋がります。

かなり最後まで、ネタバレを書いてしまいました。

「羊たちの沈黙」を見てない方も、十分に楽しめる映画です。

レッドドラゴンを見た後に、続けて「羊たちの沈黙」も

見たくなります。

「レッドドラゴン」は随分前に見ているのですが、

最近、「サイコ」を見た事で、ちょっと「狂気」に

憑りつかれ(笑) ハンニバルを思い出しました。

ハンニバル・レクターのシリーズのレビューを

又、書いてみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました