スポンサーリンク

映画 名作シリーズ ヒッチコックの「サイコ」あらすじと感想

映画 名作シリーズ
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

Amazonプライムビデオ

映画 ヒッチコックの「サイコ」って?

1960年に製作された、アルフレッド・ヒッチコック監督による

サイコ・スリラー系のサスペンス映画。

全編モノクローム映像。

ヒッチコック監督がロバート・ブロックの原作を

映画化したサスペンススリラーの名作。

その演出スタイルは、恐怖感を煽る音楽と共に

数多くの模倣やパロディを生んだ。

ヒッチコック監督は、カメオ出演をする事でも有名で

本作品では、マリオンが事務所に出勤した際、

事務所の外でウェスタンハットをかぶっている通行人だった。

映画 ヒッチコックの「サイコ」キャスト

(ノーマン・ベイツ)
アンソニー・パーキンス
(マリオン・クレイン)
ジャネット・リー
(サム・ルーミス)
ジョン・ギャヴィン
(ライラ・クレイン)
ヴェラ・マイルズ
(ミルトン・アーボガスト)
マーティン・バルサム
(Dr.フレッド・リッチマン)
サイモン・オークランド
(アル・チャンバース保安官)
ジョン・マッキンタイア
(チャーリー)
ジョン・アンダーソン

映画 ヒッチコックの「サイコ」あらすじ

金曜日の午後、アリゾナ州フェニックスのホテルで、

地元の不動産会社のOLのマリオンは恋人サムと情事にふけっている。

カリフォルニアで金物店を営むサムは、

経済的な理由でマリオンとの再婚に踏み切れずにいる。

職場に戻ったマリオンは、客が払った代金4万ドルを銀行まで運ぶことになるが、

彼女は札束を持ったまま、車でサムのいる町へ向かってしまう。

その道すがらパトロールの警官や中古車店の店主に不審の目を向けられるが、

彼女の持ち逃げは表沙汰になっておらず、それ以上のことは起こらない。

さらに車を進めるうち、たまたま目に留まったベイツというモーテルに寄る。

そこは青年ノーマンが一人で切り盛りする小さな宿で、

彼は隣接した丘の上に建つ屋敷に住んでいた。

マリオンは宿の応接室で食事をとりながらノーマンの話を聞く。

屋敷には母親もいて、数年前から彼が世話をしてきたという。

客室に戻ったマリオンがシャワーを浴びていると、

突如何者かが刃物を振りかざして襲ってくる。

何度も刺された彼女は床に倒れ、絶命してしまう。

直後に飛び込んできたノーマンは浴室を清掃し、

死体と所持品を彼女の車のトランクに押し込み、近くの沼まで運ぶ。

車は4万ドルの札束もろとも、沼の中に沈んでいく。

サムの店に、マリオンの妹ライラが姉の消息を尋ねに来る。

そこにアーボガストも加わる。

アーボガストは、マリオンに金を持ち逃げされた関係者が

警察沙汰を避けるために雇った私立探偵だった。

店を出た探偵は、街中の捜索を続けるうちにベイツ・モーテルに行き着く。

宿帳からマリオンが訪れたことは確かめたが、

不審な態度をとるノーマンを問い詰めても、手がかりは得られない。

母親に事情を聞きたいと言っても会わせようとしない。

モーテルに戻った探偵は、ノーマンの姿が見えないので屋敷のほうに回る。

ところが玄関から2階へ通じる階段を上っていくと、

階上の部屋から飛び出して来た人物に襲われ、階段の下に転落してしまう。

探偵からの連絡が途絶え、保安官に相談しても助力を得られなかったので、

サムとライラは2人だけでベイツ・モーテルに乗り込む。

サムがノーマンを引き留めている間に、屋敷の中で母親を捜し回ったライラは、

やがて地下の部屋で椅子に後ろ向きに座った女性を見つける。

肩に手を触れると椅子が回って、干からびた死人の顔面が現れる。

驚いたライラが悲鳴を上げた瞬間、戸口から女の姿をした人物が

刃物を振り上げて襲いかかってくる。

その直後、追いかけてきたサムが背後から取り押さえる。

かつらが外れ、衣装がずれて現れた人物はノーマンだった。

精神科医が拘留中のノーマンを診察し、関係者の前でその結果を説明する。

ノーマンは父親を早く亡くし、母親の手で育てられた。

母親は執着心の強い、わがままな女で、何年間にもわたって、

母親と息子は2人だけの世界で暮らしてきた。

その当時からすでにノーマンは精神に異常を来していた。

やがて母親に愛人ができたとき、ノーマンは自分が見捨てられたと感じた。

そして母親と愛人を2人とも殺害した。

ノーマンの女装は、母親が生きているという幻想を抱き続けるための

精一杯の手段だった。

現実があまりに近くに迫り、危険や欲望が幻想を脅かし始めたとき、

彼は女物の服をまとい、安物のかつらまで付けて女装した。

そして屋敷をうろつき、母親の椅子に座り、母親の声でしゃべった。

1つの心に2人の人格が同居すると、その2人は必ず闘争になる。

もはやノーマンの「母親」はその闘争に最終的に勝利し、

彼を完全に支配している。

ラストシーンは、毛布を羽織って椅子に腰掛けているノーマンの姿を映しながら、

自分は無害であると言う「母親」の声が流れ、

ノーマンのにやついた顔のアップに、一瞬母親の死体の顔が重なる。

映像がラストシーンでは、沼の底から沈んだ車が引き揚げられる

映画 ヒッチコックの「サイコ」感想

最近ずっと、海外ドラマ「ベイツ・モーテル」を見ていたので

どうしても、ヒッチコックの「サイコ」を見たくなり

見直してみました。

海外ドラマ「ベイツ・モーテル」のシーズン5にも出てくる

「サイコ」では有名なシャワーでの殺害シーンを

もう一度本家本元で見てみると!

モノクロなのに、音楽と重なり、恐怖をあおります。

シャワー・シーンで流れたのは、赤くないチョコレートソース

だったそうですが、

被害者が、倒れるシーンでシャワーカーテンを掴み

カーテンが外れる様子が、絶命の時を物語っていました。

今見ても、すごい演出だな~と感じる怖さ。

お馴染みのヒッチコックのカメオ出演は、

じっくり見ないと見逃しちゃいます。

毎回、どこに出てるのか楽しみな監督です。

何度も見ている「サイコ」なのですが、

やはり、名作は色あせず!という感じでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. 完全にノーマンにハマってますやん(笑)
    ドラマから映画観たら、またノーマンの気持ちもわかって楽しめそうですね。

    なかなか深堀しましたね。次はどんな作品にチャレンジですか?

    • アバター ダメうさぎ より:

      コメントありがとうございます

      完全にはまってしまってます(笑)

      サイコ2まで見直したのですが、やっぱりヒッチコックの

      サイコにはかないませんねー(笑)

タイトルとURLをコピーしました