スポンサーリンク

韓国映画「神と共に 第2章:因と縁」あらすじと感想

韓国映画
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

Amazonプライムビデオ

どちらでも見れますが、まだ見放題ではありませんでした。

U-NEXTのポイントで見てみました。

韓国映画「神と共に 第2章:因と縁」って?

3人の使者と共に7つの地獄を突破する

冥界ファンタジー・アクション第2章。

最新VFXを駆使したファンタジーとアクションはスケールアップ。

前作ではほとんど描かれなかった3人の使者の過去、

そして複雑に絡みあう彼らの因縁が明らかになる。

韓国映画「神と共に 第2章:因と縁」キャスト

死者と使者の転生をかけた裁判の弁護士 
カンニム(ハ・ジョンウ)
死者と使者を危機から救い守る護衛 
ヘウォンメク(チュ・ジフン)
死者の生前を見通す力を持つ補助弁護士 
ドクチュン(キム・ヒャンギ)
死者の運命を握る冥界裁判の統括者 
閻魔えんま大王(イ・ジョンジェ)
除隊を間近に控えた兵長 
キム・スホン(キム・ドンウク)
軍隊に順応できない一等兵
ウォン・ドンヨン(D.O.(EXO))
弱者を守るため人間界に降臨した屋敷神 
成主ソンジュ神(マ・ドンソク)

韓国映画「神と共に 第2章:因と縁」あらすじ

冥界のスーパー弁護士・カンニムが新たに弁護を務めるのは、

消防士・ジャホンの弟・スホン。兵役中の誤射で命を落とし、

怨霊となって荒れ狂うスホンの「無念の死」を証明することに。

しかし、カンニムたちの行く手には謎の「前世」が立ちはだかる。

1000年間で48人を転生させた3人の使者は、

あとひとり生まれ変わらせれば、彼ら自身も新しい生を得ることができる。

冥界の使者カンニムがすべてを懸けて新たに弁護を務めるのは、

消防士ジャホンの弟スホン(キム・ドンウク)。

兵役中の誤射で命を落とし、怨霊となったスホンの“無念の死”を

証明するのが彼のミッションだ。

しかしスホンを連れて地獄めぐりを繰り広げるカンニム、

閻魔大王の命を受けて下界に降りたヘウォンメクとドクチュンの行く手には、

謎に包まれた彼らの“前世”が立ちはだかる。

3人の使者を結びつけた1000年前の“因縁”それは、

想像を絶するほど衝撃的なものだった。

はたして3人はあまりにも残酷なその宿命を乗り越えられるのかー。

韓国映画「神と共に 第2章:因と縁」感想

第1章でみた、地獄と第2章での地獄は違っていました。

何故、違っていたのか?

人が死ねば、その人が犯した罪の軽重によってそれぞれの地獄が作られ、

裁判を受けなければならないため、地獄の順序もすべて違った形で決まる。

そのためスホンの地獄は第1章のジャホンの地獄とは違わざるを

得なくなったのです。

第1章では、分からなかった3人の過去がここで明らかになり

時は、1000年前にさかのぼります。

複雑な3人の関係が明らかになる一方で、スホンを連れた

カンニムの奮闘が同時進行で描かれ、更に

下界に降りたヘウォンメクとドクチュンの前に

表れる、成主ソンジュ神 事は複雑に見えるのですが

全て、繋がる意味のある事ばかり。

1000年前の高麗時代の3人の関係が後の

関係性を表していました。

ラストシーンの、閻魔大王が実は、1000年前に亡くなった

カンニムの父だったのには、ちょっと笑っちゃいました。

途中で、そうじゃないかな?的な事は出て来ていましたから~。

第2章では、俳優マ・ドンソクが加わる事により、

ぐっと厚みの増した映画になってると思います。

この役者さん、本当に強面なのにコメディも出来ちゃうんですよね。

第1章・第2章とも、楽しめる映画でした。

韓国映画好きな人には、お勧めの作品です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました