スポンサーリンク

韓国映画「王の運命-歴史を変えた八日間-」あらすじ・感想

韓国映画
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

韓国映画「王の運命-歴史を変えた八日間-」って?

残されている記録を新解釈で打ち出し、英祖を一人の人間として描き出す。

王でなければならない苦悩、父の愛を渇望する息子の狂気など、

緊迫したドラマが繰り広げられる。

18世紀に実際に起きた、李朝最大の謎(米櫃事件)と言われる事件を

映画化した歴史ドラマ。

イ・サン(正祖)の祖父であり、息子を米櫃に入れて餓死させたと

される人物ではあるが、その苦悩を深く掘り下げている。

朝鮮王朝史上最高の名君といわれた「イ・サン」が誕生するまでの

祖父と父の心の葛藤を上手く描いている。

韓国映画「王の運命-歴史を変えた八日間-」キャスト

出演
(英祖(ヨンジョ))
ソン・ガンホ
(思悼世子(サドセジェ))
ユ・アイン
(恵慶宮(ヘギョングン))
ムン・グニョン
(暎嬪(ヨンビン))
チョン・ヘジン
(仁元王后(イヌォンワンフ))
キム・ヘスク
(イ・サン(正祖))
ソ・ジソブ

韓国映画「王の運命-歴史を変えた八日間-」あらすじ

朝鮮第21代国王・英祖は、40才を過ぎて生まれた息子を

優れた王位継承者に育てようとする。

だが息子の思悼は自由奔放な青年に育ち、英祖の期待は怒りと失望に転じた。

親子として接することのない王に憎悪にも似た思いを募らせ、

孤独な心は次第に思悼の精神に暗い影を落としていく。

父子の関係は悪化していき、やがて英祖は王として、

我が子である思悼に自害を迫る。

怒りが頂点に達した英祖は我が子を米びつに閉じ込めてしまう。

米櫃に閉じ込められた8日間の物語であるが、それまでの

英祖と思悼との葛藤や、周りを取り巻く人物の動きなどを

細かく再現している。

米櫃に閉じ込められて8日、遂に米櫃の中でこと切れる。

その亡骸の頬を触り、泣く英祖。

王家に生まれたが故の悲劇だったのか?

世子の亡骸は丁重に埋葬された。

王は孫と家臣の願いを汲み、王子の地位を回復。

贈り名として息子に、哀しみを思う者として思悼世子と名付けた。

サンは父の葬儀に参列させてもらえず、即座に英祖の元へと送られた。

全ては、孫のサンを王位につける為。

14年後、英祖がこの世を去り、サンが王座を継ぎ、

今後は正祖として国を導く。

サンは、父と母の還暦祝いで、舞を披露するが

サンの手には思悼が最期まで持っていた、あの龍の扇子がある。

彼は父を思い浮かべながら、扇子を操り舞を披露するのだった。

龍の絵の扇子は息子のサンが産まれた際、自分が描いた龍の絵だった。

妻の父も喜び、龍の絵を扇子に仕立て上げ、

世継ぎの王座就任時に捧げると言ってくれたものだった。

韓国映画「王の運命-歴史を変えた八日間-」感想

親子でありながら、王家故の悲しさや陰謀。

夫婦でありながらも、息子を守るために夫を

犠牲にするしかなかった、恵慶宮の苦悩。

長い歴史ドラマを綺麗にまとめ、親子の情の在り方に

スポットを当てた作品です。

もう一度、「イ・サン」や英祖の実母のドラマ「トンイ」などを

見てみたくなるような、映画でした。

思悼世子を演じた、ユ・アインの見事なまでの狂気っぷりが

素晴らしく、イケメンは崩れても美しい!

英祖を演じたソン・ガンホは、40代から80代までを演じてますが、

流石!ベテラン俳優!の貫禄です。

歴史ものが好きな方には、お勧めの映画です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました