スポンサーリンク

韓国映画「王の男 ディレクターズカット」イ・ジュンギが美しすぎる・・あらすじ・感想・ネタバレ

韓国映画
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

Amazonプライムビデオ

U-NEXTで見放題となっています。

韓国映画「王の男 ディレクターズカット」とは?

2005年の韓国映画

王と女形旅芸人の同性愛を描き韓国で

一大センセーションを巻き起こした話題作。

イ・ジュンギを一躍有名にした王朝ロマン大作に、

韓国の検閲で削除された過激な描写を追加した

ディレクターズカット版。

王を狂わすイ・ジュンギの妖艶な美しさは必見。

韓国映画「王の男 ディレクターズカット」キャスト

(チャンセン)
カム・ウソン
(コンギル)
イ・ジュンギ
(ヨンサングン(燕山君))
チョン・ジニョン
(ノクス)
カン・ソンヨン
(チョソン)
チャン・ハンソン
(ユッカプ)
ユ・ヘジン
(チルトゥク)
チョン・ソギョン
(パルボク)
イ・スンフン

韓国映画「王の男 ディレクターズカット」あらすじ

16世紀初頭の朝鮮。

旅芸人一座の花形チャンセンと女形のコンギルは、

国一番の芸人になろうと誓い合い、一座を抜け出して漢陽の都にやって来る。

そこで時の王、ヨンサングン(燕山君)の悪評を耳にしたふたりは

宮廷を風刺した芝居を演じ、たちまち民衆の人気者となった。

しかし、噂を聞きつけた王の重臣によって捕らえられ、

人前で笑ったことがない王の前で芝居を披露し、

王が笑わなければ死刑に処すると宣告される。

ところが、妖艶なコンギルの芸が王を笑わせることに成功し、

王に気に入られた彼らは宮廷に住むことまで許されるのだった。

だが、次々に披露されるチャンセンたちの風刺劇は、

王を次第に狂気へと走らせ、

さらに重臣たちによる陰謀をも招くことになっていく…。

韓国映画「王の男 ディレクターズカット」感想・ネタバレ

ディレクターズカット版が出ていたので

再度観てみました。

時代背景は、朝鮮王朝第10代王・燕山君(ヨンサングン)の時代

言わずと知れた暴君で、過去の韓国ドラマや

映画でも、度々登場する、ドラマや映画には欠かせない人物。

この映画の中では、単なる暴君では無く、幼少時代に経験した

不幸な出来事により、性格が歪んでしまい、暴君への道を

歩んだのだという事になっています。

王の寝室へ呼ばれた、コンギルは、この王の寂しさや

哀しさを理解り、人形劇で王の心を慰めていたんですが

チャンセンは、コンギルが王のもとに行くのが

心穏やかでは無いようです。

チャンセルとコンギルの関係は気になる所ですが

映画の中では、はっきりと関係が描かれている

わけではありません。

見る側が判断と言う事なのでしょうが

同性愛なのか、友情なのか?

それ以上の固い絆で結ばれているのか?

映画の終盤で、お互いをかばい合う姿は

夫婦の様でもあったんですが、はっきりと

同性愛の事を描かなくても、互いを見る目や

しぐさなどで、感じ取れます。

燕山君(ヨンサングン)の愛妾

チャン・ノスクは、コンギルへの嫉妬で策略を巡らしますが

コンギルをかばったチャンセンが、王の嫉妬により

目を潰されてしまいます。

自覚はないけど、コンギルに関わる人には嫉妬が付きまとい

「魔性の女(男)」っぷりを発揮しています。

コンギル役のイ・ジュンギは、魔性にふさわしい美貌!

その魔性に魅入られた、チャンセン役のカム・ウソン

目力が半端なく、コンギルに一途な役どころが素敵!

ラストシーンでは、「生まれ変わっても芸人になる!」

そう言って、綱渡りの綱の上で飛躍した2人。

ここで、映画は終わりますが、この綱の下では

燕山君(ヨンサングン)を失脚させる為の

宮廷クーデターが起こっていました。

改めて見ても、追加された部分が、過激?とは

思いませんでしたが、(本当は前のを忘れてて良く分かってない)

イ・ジュンギの美しさに見とれた作品でした。

コメント

  1. 韓国は“王の”って作品多いですよね。
    しかも、良作が多いという。
    この作品も非常に興味深いです。
    ご紹介ありがとうございます。

    • アバター ダメうさぎ より:

      コメントありがとうございます。

      韓国映画は、歴史もの面白いよね
      朝鮮王朝って、やっぱり映画ネタには最適なのかな~
      確かに、「王」が付くタイトル多いかも~
      お暇があれば、是非~

タイトルとURLをコピーしました