スポンサーリンク

映画「グッドボタン 暴走する若者たち」妬みと嫉妬の行方は?あらすじ・感想・ネタバレ

洋画
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

Amazonプライムビデオ

Amazonプライム・U-NEXTで見放題となっています。

映画「グッドボタン 暴走する若者たち」とは?

2020年 アメリカ製作

女子高生の心理描写がリアル!

SNSで殺人を隠蔽しようとする主人公の巧妙な投稿大作戦。

SNSの“いいね”ほしさに暴走するヒロインを描いたサイコサスペンス。

妬みと承認欲求から思わぬ犯罪に手を染めた主人公が、

SNSを駆使して繰り広げる心理戦が興味深い。

映画「グッドボタン 暴走する若者たち」キャスト

マッケンジー・ヴェガ

ローラ・スレイド・ウィギンス

ウィル・ペルツ

監督
ニック・エヴァハート
脚本
ニック・エヴァハート
トミー・ヒューストン

 

映画「グッドボタン 暴走する若者たち」あらすじ・ネタバレ

女子高生のマディ、ケリー、エヴァの3人は、

授業中でもSNSに夢中な仲良し。

マディは、成績も上位で彼氏(カート)との仲も良好。

転校生ケリーの家庭は、母であるよりも女を優先するママと

ママの彼氏のダニーの3人暮らし。

ダニーは酒浸りで、ママは家事放棄の為、家は荒れ放題。

ケリーの家にボランティア活動で訪れたのが

スクールカースト上位の女王で裕福で傲慢なサーシャだった。

サーシャは、自分のボランティア活動をアピールするべく

ケリーの肩を抱いて一緒に写真と動画をとり

「可哀そうな彼女に幸せを」とSNSに投稿する。

腹を立てたケリーは、サーシャより上位になる為

イイネ!稼ぎの為に下着姿になったり、アンチサーシャを

あおる為、「#サーシャ消えろ」サーシャの悪口も投稿する。

サーシャの事を良く思っていないマディも、ケリーに協力し

「#サーシャ消えろ」を投稿する。

そんなマディを心配するカート。

ある日、ケリーは、ママの彼氏である酒浸りのダニーの

セクハラに悩んでいたが、遂に我慢できなくなり

ダニーに薬入りのビールを飲ませて殺してしまう。

そして、SNSには「義父が自殺した」と涙ながらに訴える動画を投稿!

一方、学校ではサーシャへの嫌がらせが問題になり、

マディの母親が学校に呼び出される。

マディもサーシャの虐めに加わっていると知った母親は

ショックを受けるが、怒りの方が大きく、マディから

スマホを取り上げ、外出禁止にする!

外出禁止令の中、こっそり家を抜け出したマディは

ケリー、エヴァと一緒に行った崖で

エヴァが転落死してしまう事故にあってしまう。

警察に通報しようとしたマディを止めるケリー。

そして、エヴァ殺害の犯人をサーシャに仕立ててしまう。

納得できないマディは、ケリーと距離を置くようになる。

サーシャは警察に連行されるが、ケリーに不信感を

感じているマディは、エヴァの死亡原因となる証拠を

動画で撮影する。

警察に捕まったケリーでエンド。

映画「グッドボタン 暴走する若者たち」感想

今の時代、SNSは若者には必須になっていますが

そんな中の落とし穴を描いた作品。

SNSに夢中になればなるほど、「イイネ」を気にするあたりは

現代の若者の闇を描いているような気がします。

未成年のSNSどっぷりな生活環境は、ある意味社会問題とも言えます。

SNSを使った犯罪なども起こる世の中で、

便利な反面、恐ろしさを描き出したこの作品の意味を

大人たちが深く考えるべきなのかもしれません。

子供がどう育って行くのか、親たちが子供に

どんな風に愛情を注いでいくのか?

親から見た子供たちの世界感をしっかり感じられ

子供を育てる環境の重要さをも、

考えさせられる作品でした。

ホラー要素は弱めの作品ですが、違う意味での怖さを感じてください。

コメント

  1. これ面白そうですね~。
    SNSを題材にした作品は多いですが、どれも怖いのばかり…
    文明が進化するのも考え物だなあ…

    • ダメうさぎダメうさぎ より:

      コメントありがとうございます。

      SNSって便利な反面怖いですよね
      色んな事件も起こってますし、
      映画の中でも怖いものが多いですよね
      大人が警鐘を鳴らす事で
      子供達が、正しくSNSを使ってくれるといいんですけどね

  2. アバター映画マン より:

    初めまして。映画ブログを運営しているものです。
    こちらのブログ拝見させていただきました。
    メインビジュアルからしてとても怖そうな感じがしたので、気になって覗いてみました。

    今どきの人たちにとっては、とても共感できそうな映画ですね。
    実際、SNSが発端となって大きな事件につながる事例も多々ありますし。
    SNS、使い方だけは間違えないようにしたいです…

    • ダメうさぎダメうさぎ より:

      コメントありがとうございます。

      SNSでの事件などが、多発する環境にあるので
      子供たちへの影響も心配ですね
      後ほどお邪魔させて頂きます

タイトルとURLをコピーしました