スポンサーリンク

韓国映画「ディヴァイン・フューリー/使者」怖くない悪魔祓い映画?あらすじ・感想

韓国映画
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

Amazonプライムビデオ

韓国映画「ディヴァイン・フューリー/使者」とは?

2019年 韓国映画

若き格闘家とベテラン神父が悪に挑む

新次元エクソシズムアクション!

『梨泰院クラス』のパク・ソジュンが主演を務め、

鍛え抜かれた肉体で激しい格闘シーンに挑戦。

韓国の国民的俳優、アン・ソンギやウ・ドファンら新旧の名優たちが集結。

韓国映画「ディヴァイン・フューリー/使者」キャスト

(ヨンフ)
パク・ソジュン
(アン神父)
アン・ソンギ
(ジシン)
ウ・ドファン
チェ・ウシク
パク・チヒョン
チョン・ジフン

韓国映画「ディヴァイン・フューリー/使者」あらすじ

総合格闘技の若き世界チャンピオン・ヨンフ。

警察官である父と2人で暮らしていたヨンフ。

しかし、ある夜警察官の父は、飲酒運転の車の検問中

事故により生死を彷徨います。

キリスト教を信じていたヨンフは、通っていた教会の神父とともに祈りますが、

願いも虚しく父親は命を落としてしまう。

ヨンフは心から信じていたキリスト教を憎むようになり、

神への信仰を失ったまま成長した。

成長したヨンフは、「死神」という異名を持つ総合格闘技の選手になり、

世界中で活躍してる時、試合中に相手の背中のタトゥーに

十字架を見る。

その瞬間、自分の脳内に過去の自分が「キリスト教を憎め…!」

という声が聞こえてくるようになる。

ある日、ヨンフは右手に見覚えのない傷ができていることに気がつく。

病院を訪ねても異常がなく、その後いつまで経っても出血が治らないため、

祈祷師をしているチームメイトの姪のもとを尋ねると、

家の南にある十字架の方へ迎えと言われ、

ヨンフは言われた通りに家の南にある教会へ向かう。

その教会では、アン神父(アン・ソンギ)とチェ神父(チェ・ウシク)

が悪魔払いの儀式を行っている最中だったが、チェ神父は恐怖のあまり

その場を逃げ出してしまう。

アン神父のピンチを救うヨンフ。

ヨンフの手のひらにキリストが磔にされた時の傷と同じ「聖痕」

があるのに興味を持つアン神父。

バチカンから派遣されたエクソシストのアン神父に出会い、

ヨンフは、自身に正義の力が隠されていることを知る。

バチカンの悪魔払いの組織、アルマ・ルチスに所属する司祭のアン神父は、

韓国に潜んでいる「闇の司祭」の存在を確かめるために来韓していたのだった。

アン神父とヨンフは、「闇の司祭」の存在を突き止めれるのか?

韓国映画「ディヴァイン・フューリー/使者」感想・ちょっとネタバレ

悪魔払いの映画だと思って見ていると、結構裏切られます。

前半は、多少悪魔払いのシーンはありますが、

悪魔払いのシーンより、アクションシーン満載の

エンタメ性が強くなっています。

主演のパク・ソジュンのアクションシーンは

高身長で長い手足を生かした、カッコイイ!ものに

なっています。

聖痕を持つ格闘技選手が、悪魔と対峙するって設定も

微妙な気もします。

何と言っても、ラストでは悪魔と素手で殴り合い・・・

もう、悪魔祓いじゃないですよね(笑)

手の聖痕は、悪魔と対峙する時に白く燃え上がります。

白く燃え上がる炎の拳で、悪魔を殴る!

もう、カメハメハ!を思い出しちゃいました。

悪魔祓い物の映画を期待する方には

ちょっと肩透かしかもしれません。

コメント

  1. B級っぽいな‥と思いましたが、やはりそんな感じみたいですね(笑)
    これはちょっとブログで読んで満足といたします。

    • ダメうさぎダメうさぎ より:

      コメントありがとうございます。

      いや~韓国のエクソシスト物も
      かなりレベルの高いものが多いのですが
      これは、中々外れてしまった!感じが否めないですね

      キリスト教徒の多い韓国での作品なので期待してたんですけどねー
      観なくて良いと思います(笑)

  2. アバター無人島生活を夢見る… より:

    「幽霊が見える刑事・チョヨン」シリーズで感動して以来、結構韓国の怪奇ものを物色して観ています。この作品も好きなのですが、ふと、あの人が頭を過りました「俺様の、殴ったものは、みな燃える」のあのハンターさん(^▽^;)

    • ダメうさぎダメうさぎ より:

      コメントありがとうございます。
      韓国映画のホラーやサスペンスものは、かなり面白いです。
      今作品だけはちょっと残念だったかな~

タイトルとURLをコピーしました