スポンサーリンク

韓国映画「スカーレット・レター」映画が原因で自殺したイ・ウンジュの遺作!あらすじ・感想

韓国映画
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

Amazonプライムビデオ

 

韓国映画「スカーレット・レター」とは?

2004年の韓国映画

ハン・ソッキュとこれが遺作となった

イ・ウンジュ共演の大人の愛のドラマ。

周到に張り巡らされた伏線が少しずつ明らかになり、

衝撃のクライマックスへ。

韓国映画「スカーレット・レター」キャスト

イ・ギフン(ハン・ソッキュ)

チェ・カヒ(イ・ウンジュ)

ハン・スヒョン(オム・ジウォン)

韓国映画「スカーレット・レター」あらすじ

ある日、とある写真店の店主が惨殺される。

頭を何度も殴られ、酷い殺され方だった・・

刑事のイ・ギフンは現場に血まみれで立ち尽くしていた

妻のギョンヒを容疑者として疑う。

しかし、捜査は予想外の方向に進んで行き

混迷していく・・

妻のギョンヒの周りには、怪しい男の陰が付きまとい

誰もが怪しく見える・・・そして妻も?

刑事のイ・ギフンには、貞淑な妻スヒョンがありながら

妻の友人であるカヒと不倫関係にあった。

妻の妊娠を機に、カヒとの関係を清算しようとしていたが

その直後、カヒの妊娠も発覚する。

妻と愛人、そして被害者の妻。

3人の女たちの秘密が徐々に暴かれていき

イ・ギフンの中で何かが狂っていく・・。

韓国映画「スカーレット・レター」感想・少しネタバレ

かなり前に観た映画なのですが、最近U-NEXTで見放題になっていました。

映画の中で、愛人と車のトランクに閉じ込められた刑事の

心理的な変化や、最後に愛人がトランクの中で流産し、

自殺?それとも、刑事が殺した?どちらとも言えないような

状況で、1人生き残った刑事の苦悩をラストシーンとしています。

車のトランクの中に閉じ込められ、人間が崩壊していく様子。

絶望的な状況の中での、愛人の秘密の告白。

信じていた妻に裏切られた、驚きと失望など・・・。

発見されたとき、愛人は死に、生き残ったハン・ソッキュの

狂った演技には、見てる方もゾッとします。

見終わった後も、重苦しさが残るような映画となりました。

この映画は、女優のイ・ウンジュさんの遺作となります。

非常に美しい女優さんだっただけに、残念です。

彼女が亡くなった時の遺書から、本作品に出演したのが

きっかけだと言われています。

発見された遺書は、血書2枚と、ノートに書いた遺書3枚など総5枚である。

イ・ウンジュさんの遺書の中の記述

「根本的な…原因…やらなかったら、こんなことはなかったはずなのに、
どうして私にあんな本を渡したのか、
どうして強要したのか、どうして信じろと言ったのか…」
イ・ウンジュさんが亡くなる前1年間に出演した作品は
本作だけだったので、本(シナリオ)だと解釈されています。
映画の撮影を終え、公開直前に行われたインタビューの中で、
イウンジュさんは次のように語っています。
「出演決定は簡単な事ではありませんでした。
映画の人物(カヒ役)から抜け出せずに不眠症に悩まされています
トランクに閉じ込められて死ぬシーンでは
「本当に死にたいと思うほど、地獄でした」
又、「スカーレットレター」で、
ベッドシーンを所属事務所に強いられていたことが不眠症に繋がった
と報道されています。

※この映画撮影の後、故イ・ウンジュさんは2005年2月22日、

25歳という若さで、この世を去りました。

コメント

  1. 韓国社会は色々と深い闇というか問題がありそうですね。
    まあ、日本も一緒かな
    俳優がしがらみなしで実力で生きていける様になる世になってほしい

    • ダメうさぎダメうさぎ より:

      コメントありがとうございます。

      芸能界は、色んなしがらみがあるんでしょうね

      実力だけでは成り上がれない世界

      繊細な役者さんが、生きていける世界になってほしいね

タイトルとURLをコピーしました