韓国映画「造られた殺人 」あらすじと感想 ネタバレアリ!

洋画
スポンサーリンク
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

韓国映画「造られた殺人 」って?

連続殺人事件の誤報が真実と嘘の、概念を打ち破るサスペンススリラー
報道の光と闇を張り詰めた緊張感とユーモアで描く、予測不能のストーリー展開。
チョ・ジョンソク、イ・ミスク、イ・ハナら豪華キャストが個性的なキャラクターを熱演。

韓国映画「造られた殺人 」キャスト

(ホ・ムヒョク)
チョ・ジョンソク
(ペク・ヒョンスク)
イ・ミスク
(チョン・スジン)
イ・ハナ
(ハン・スンウ)
キム・デミョン
(ムン・ヨンソプ)
キム・ウィソン
ペ・ソンウ
ペク・ヒョンジン

韓国映画「造られた殺人 」あらすじ

離婚と解雇の危機に直面していた記者ホ・ムヒョクは偶然耳にした情報提供の連絡を受け、
連続殺人事件に関する一世一代のスクープをつかむ。
しかし、自分が入手した連続殺人犯の自筆メモが、実は小説「良辰(リャンチェン)殺人記」の一節であることを知ったムヒョクは、
世間を驚かせたスクープが前代未聞の大きな過ちであったことを悟る。
自らの誤報という緊急事態に巻き込まれ不安な日々を送る一方、スクープが誤報であることを知らない報道局の上司に後続報道を迫られ、
さらに連続殺人事件の捜査を続けてきた刑事に疑われる羽目に。
その後、事件の真実を知っているという目撃者まで現れ、事態はますます混乱の中へ。
そしてムヒョクの誤報どおりの殺人事件が発生してしまう…。

韓国映画「造られた殺人 」感想 ネタバレアリ

結論から。。。犯人が英雄扱いされてしまいます!

最後は犯人は死体で発見されるんですが、

何と、殺そうとしていた人(犯人に仕立てようとしてた)

その人がナイフを持ってる記者を見て、本当の犯人のほうを自分を救ってくれた人だと勘違い・・
記者を犯人扱いしてしまいます。

しかし、警察は犯人に仕立て上げられた人の事を、犯人と決めつける!

結局は、真犯人は英雄に!無実の人が犯人扱いと言う事に!

なんとも 腑に落ちない結末なのですよ

調べれば、すぐにわかりそうなのに。。

そこは無視なんですね!って感じです。

現場をみれば、3人いたとゆうことが解ってるのに記者は??罪はないの??

ただ、記者の妻が浮気相手の子供を身ごもってて

結局は 自分の子供ではない子供を 育てていく記者・・・これもどうなんでしょうね?
結局は、視聴率の為、自分の為。

そして局長が、言った言葉は・・何を信じるかは視聴者だ

確かに、そうかも知れませんね。

ここだけは何か納得がいったのです。

韓国のサスペンスは結構どれも良くできてるなと思ってましたが、
この映画はホント!納得がいかない映画でした!
U-NEXTで無料じゃなかったら見ないよ・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました