スポンサーリンク

映画「死霊館(2013) 」あらすじと考察

洋画
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

Amazonプライムビデオ

映画「死霊館(2013) 」とは?

『ソウ』シリーズなどで有名なジェームズ・ワン監督が、

アメリカで実際に起きた出来事を基に描くオカルトホラー。

不可解な怪現象に悩まされる一家の相談を受けた心霊学者の夫妻が、

調査に赴いた館で壮絶な恐怖を味わう。

実在の心霊学者ウォーレン夫妻には、『インシディアス』などのパトリック・ウィルソンと

『マイレージ、マイライフ』などのヴェラ・ファーミガ。

そのほか『きみがぼくを見つけた日』などのロン・リヴィングストン、

『I SHOT ANDY WARHOL』などのリリ・テイラー

映画「死霊館(2013) 」あらすじ・考察

1971年アメリカ・ロードアイランド州、

両親と5人の娘たちが古びた一軒家に引っ越してくる。

しかし、毎朝母親の体にあざができ、

一定の時間に止まる時計など不気味な怪現象が次々と発生し、

娘たちに危害が及んだことから、一家は心霊学者のウォーレン夫妻

(パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ)に解決してほしいと依頼する。

夫妻が現地を調査すると恐るべき歴史が明らかになり、

夫妻は館に巣食う邪悪な存在に立ち向かうが……。

 

田舎の一軒家で悪霊に悩まされる家族を描いたゴーストストーリーであり、

目新しさはまったくないと思われますが、

一家の母親と幼い末娘が“目隠し鬼”という遊びをする場面では、

鬼役の母親が目隠しをし、拍手の音をたどって家のどこかに隠れた娘を捜すときに、

どこからともなく人間のものではない白い手がヌーッと伸びてくるシーン!

このシーンは、さすがにゾッとするものがありました。

ちなみにウォーレン夫妻が関わった数千もの事件簿のうち、

本作で語られるのは1971年に

ロードアイランド州ハリスビルで起こった心霊事件ですが、

1968年の“アナベル事件”に登場する呪いの人形が実に怖いです。

そしてラストシーンには「悪魔の棲む家」の元ネタになった

“アミティビル事件”も盛り込まれているのです。

余談ですが、アナベル人形は 本作で出てきたように 呪いの品の博物館に収められてるんです

色々検索してみると、写真もありました。

ただ、映画のイメージの人形ではなく

実際のアナベル人形は、アメリカの国民的キャラクター「ラガディ・アン」

布製の人形です。

実際のアナベル人形の写真などもありましたが、

ここに貼り付ける勇気が無いので

ググってみてください><

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッとよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ 映画・ドラマを動画配信で見放題!あらすじ・感想・ネタバレブログ - にほんブログ村
洋画
スポンサーリンク
ダメうさぎをフォローする
映画・ドラマを動画配信で見放題! あらすじ・感想・ネタバレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました