映画 ブーリン家の姉妹(2008 イギリス)

洋画
英国史上に残る一大スキャンダルの内幕を描いた、男女の愛憎渦巻く歴史ドラマ

 

英国王ヘンリー8世の結婚と世継ぎ問題を元に、エリザベス1世の母・ブーリンと妹がたどった数奇な運命を描く。
主演はナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン

 

スポンサーリンク

あらすじ

16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。

いら立つヘンリーが愛人を求めていることを知った、

野心家のブーリン卿(マーク・ライアンス)は

聡明な長女のアン(ナタリー・ポートマン)を愛人候補に仕立てる。

だが王が目に留めたのは、結婚したばかりの気だての良い次女メアリー

(スカーレット・ヨハンソン)だった。

キャスト

ナタリー・ポートマン(長女アン)

スカーレット・ヨハンソン(次女メアリー)

エリック・バナ(国王ヘンリー8世)

見どころ

皮肉な運命を受け入れて王の愛人になった従順な妹と、王妃の座にこだわった野心家の姉。

ヘンリー8世をめぐる正反対の姉妹の物語は、売れっこ女優の競演が大正解。

英国王室におけるブーリン姉妹の行く末はいわゆる悲劇なはずだが、

重苦しい気分にさせるどころか、高揚感すら与えるのは、

2人の女性がどちらも強さを感じさせる存在だから。

妹メアリーの芯の強さもさることながら、結婚が出世の道具だった時代に、

自分がたんなる道具で終わることをよしとせず積極的に人生を切り開こうとした

姉アンのしたたかさは、現代女性の共感を誘う存在だ。

映画.com

感想

エリザベス1世の実母である、アン・ブーリンの映画

史実とは、少し異なりますが、ナタリー・ポートマンが好きで

見てみました。

この時代の衣装などにも興味がありました。

しかし、ヘンリー8世は 何とも・・次から次へと・・って王様です。

まずは、妹、次に姉・・・

姉妹も、男たちの出世の道具なんですが、野心家のアン・ブーリンは

出世の道具には収まりません。

バチカンと決別させ、宗教改革まで起こさせて、王妃に収まります。

しかし、結局世継ぎとなる 男の子には恵まれず、(流産)でした。

結局は、魔女だとののしられ・・処刑されます。

彼女の残した 第一子 エリザベスが後の、エリザベス1世

45年間統治した女王です。

この母にして、この子あり?なのでしょうか?

アン・ブーリンが手に入れられなかったものを

その娘が手に入れたように思えてしかたありません。

ナタリー・ポートマンの美しさに 魅せられた映画でした。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました