スポンサーリンク

海外ドラマ GRIMM/グリム シーズン6 あらすじと感想

海外ドラマ

海外ドラマ「GRIMM/グリム」とは?

童話で知られるグリム兄弟の家系は、人間の姿かたちを借りて

人間社会に潜む魔物(ヴェッセン)たちの正体を見抜くことができる

森深いオレゴン州ポートランドの市警察殺人課の刑事ニック・ブルクハルトは、

癌で余命いくばくも無いおばのマリーから

自分がグリムの末裔であることを知らされ、

以来、ヴェッセンが関わる事件の解決に挑んでいく。

1話完結のもので、飽きずに見れる作品となっています。

シーズン1~6まであり、シーズン6で完結。

海外ドラマ「GRIMM/グリム シーズン6」の見どころ

シーズン5では、黒い森でニックとモンローが見つけた“棒”

ファイナルシーズンでは“棒”にまつわる謎が解明され、

黒き鈎爪以上の脅威がニックたちを襲う。

レナードの裏切りによりニックたちは窮地に立たされる。

レナードとの対立が決定的になるなか、グリム、ベッセン、

そして人間全てを危機に陥れる最大の敵・ツェアシュテーラーが現れる。

そこには、グリムの秘宝にまつわる秘密が隠されていた。

海外ドラマ「GRIMM/グリム シーズン6」各話・あらすじと感想

第1話 逃亡者

隠れ家での乱闘の後、レナード警部はニックを抹殺しようと躍起!

ハンクとウーは警部を監視し、仲間を優位に立たせるために

管区に戻る事に。

一方、新たな家族を迎えるモンローとロザリーは悩んでいた。

 

お馴染みのメンバーが出て来て、嬉しい感じ!
ロザリーの子供も気になる所ではありますが、
それ以上に気になるのが、アダリンドとニック
元恋人のイブ(ジュリエット)なども絡んできます。
第2話 信頼の結び目

ニックが逃亡を続ける中、ハンクとウーはレナードを止める方法を見つける。

1本の電話に出たアダリンドは、事件に巻き込まれる。

スパイス店では、モンローとロザリーがダイアナの子守りに

奮闘しているが・・・ダイアナは驚異の力を見せる。

 

シーズンの最初から敵だった、アダリンドがニックの為に
奔走し、娘のダイアナの驚異の力にも驚かされます。
アダリンドとニックの息子ケリーにも、力はあるんでしょうか?
第3話 ああ、わが警部

レナード警部の増徴を止める策をニックは思い付き、アダリンドとモンローは

ニックの計画が成功するように、全力を尽くす。

一方、時間の迫る中、イブロザリーは手遅れになる前に

呪文を聞かせようとするが・・・。

 

綱渡りの様な、ニックの作戦にドキドキ。
これで本当に成功するの?と思いきや・・・
意外に、上手くいってしまうのがドラマ?
第4話 三つ目の怪物

若い家族が、ヴェッセンに襲われる事件を捜査するニック、ハンク、ウー。

ヴェッセンの目的は予想外のものだった。

レナード警部は、意外な来客に混乱する。

ダイアナはロザリーのお腹を見て、興味深い話を

モンローとロザリーに告げる。

 

ダイアナは、見通す力を発揮!モンローとロザリーの
赤ちゃんの事をベイビー達と呼んだので、双子?って
思いました。でも、双子じゃないかも?ってニュアンスもあり
話が進んでいくうちにわかるのかな~
第5話 7年目の渇き

公園で起きた奇妙な殺人事件を捜査するニック、ハンク、ウー。

その頃レナード警部は過去の亡霊にとらわれ続けていた。

モンローとロザリーはダイアナの予言の真偽を確かめる為、

産婦人科に見てもらうと、驚く事実があった。

 

4話で気になってた、ダイアナの予言。
お医者さんに診てもらうと、何と!3つ子
一気に家族が増えるんですね~
レナード警部が自分が殺した相手に憑りつかれ、
正気を失ったかに見えるところも、想像外でした。
第6話 ベッドで朝食を

地元のホテルで陰惨な殺人事件が発生し、ニック、ハンク、ウーが捜査に当たる。

宿泊者の1人がある証言をする。

スパイス店では、モンロー・ロザリー・イブが 謎の棒を包んでいた

布に描かれたシンボルについて調べていたが・・・

 

ちょこっとネタバレになりますが、今回のヴェッセンは
睡眠を奪うんです。
もし、睡眠を奪われ眠れなくなったら?
って思うと怖いですよね
第7話 愛は盲目

ロザリーはモンローの誕生日を祝う為、サプライズで

旅行を企画した。

しかし、ホテルの従業員(ヴェッセン)が、父の敵討ちの為

ニックを狙い、衝撃的な事態へと発展していく。

そして、イブの前には以前も目にした邪悪な存在が再び現れる。

 

今回、全員に呪文がかけられるのですが、特にハンクが
笑わずにはいられません!唯一妊婦のロザリーだけは
シャンパンを飲まなかった為、呪いを逃れます。
イブの前に現れた、邪悪な存在も気になります
第8話 子はまた生きる

科学者たちが襲撃され、ニック、ハンク、ウーは

これまでに無い捜査を展開する。

謎の布の起原を調べていた、ロザリー、モンローは

イブが未だに、デスグリップの後遺症に

苦しんでいることを知る。

 

この回ぐらいから、どんどんと謎の棒や布について
色々分かってきます。
イブの前に現れるものの正体も少しずつ見えてきます
第9話 樹木人間

「友人が、木の様な怪物に飲み込まれた!」と訴える

男性が現れ、ハンク、ニック、ウーが現場に向かう。

そして、イブが遭遇した恐ろしい鏡の話を聞いた

仲間たちは、これまで以上に警戒を強める。

 

この回のお話しでは、タイトルだけで
どんなヴェッセンか分かってしまいますね
自然を破壊し続ける人間へのメッセージとも
取れるような、ヴェッセンでした。
第10話 血の魔術

残忍な殺人事件を捜査していたニックとハンクは

地元の老人ホームで思いもよらない手がかりを得る。

イブは、ヘクセントビーストしか知りえない答えを求め

アダリンドの元を訪ねる。

 

イブは危険な魔術を使う為、アダリンドの母の本に
ある魔術を使おうとします。
この行為が、皆を危機に招き入れるのかもしれないです。
妊婦である、ロザリーが心配!
第11話 怪物たちのいた場所

イブは鏡の中に見た謎の敵と戦う為、未知の世界へ行く。

ニックは彼女を助ける為、後を追う。

一方、助けを請われたレナード警部は、

何よりも大事な娘、ダイアナに関わるかも知れない事態と知り、

一時休戦をし、ニックの仲間達に協力をする。

 

ここから、ニックと仲間が協力しあう
戦いが始まりました。
鏡の中の世界の謎と、戻って来れるのか?
ドキドキの展開です。
第12話 肩をすくめるツアシュテーラー

鏡の中から、こちらの世界に入り込んだ闇の力が

ダイアナを狙い、解き明かされた予言が現実のものとなる。

ニックは、ダイアナを守る為、レナード警部、アダリンドと共に

グリムとして、最初に捜査を行った現場へ再び赴く。

 

ニックとイブが鏡の世界から脱出出来た!
と思いきや・・闇の力まで一緒に出てくるとは!
まさかの、ニックが案内役?
ダイアナを狙う闇の力は、悪魔なんでしょうか?
第13話 終幕

最大の敵と対峙するニック、しかし、相手を打ち負かす

事の出来る武器は何もなかった。

スパイス店では、モンロー、ロザリー、イブが戦いの

役に立つかもしれない貴重な薬を見つける。

ニックと仲間たちが、総当たりで邪悪な存在と

戦うが、仲間が次々に倒れニックも・・・

 

最後はすごい展開でした!え?皆死んじゃう?
ロザリーが死ぬのはいや~~って思いますが、
総倒れ状態・・・ネタバレになりますが、
最後の最後でニックのグリムとしての血が
最大の武器になります。邪悪なものを倒すと
時間が巻き戻り、仲間も皆無事!ほっとしました。
そして、気になる子供たちは・・20年後
大きくなり、ダイアナ・ケリー・そして3つ子
皆で、グリムのケリーを手伝っているようです。
グリムの血が受け継がれていき、世の中を守る!
ハッピーエンドで終わりましたね

コメント

タイトルとURLをコピーしました