スポンサーリンク

映画 名作シリーズ 1967年「卒業」あらすじと感想

映画 名作シリーズ

映画 名作シリーズ 1967年「卒業」とは?

原作はチャールズ・ウェッブによる同名小説。アメリカン・ニューシネマを

代表する作品の一つ。

日本では翌1968年(昭和43年)に公開。

テーマ曲は、サイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」。

この作品を見た事が無い人でも、曲は知ってるかもしれません。

ラストシーンは有名ですね

映画 名作シリーズ 1967年「卒業」キャスト

アン・バンクロフト(ミセス・ロビンソン)

ダスティン・ホフマン(ベンジャミン・ブラドック)

キャサリン・ロス(エレーン)

マーレイ・ハミルトン(ミスター・ロビンソン)

ウィリアム・ダニエルズ(ミスター・ブラドック)

映画 名作シリーズ 1967年「卒業」あらすじ

大学陸上部のスターで新聞部長でもあった

ベンジャミン・ブラドック(ダスティン・ホフマン)は、

卒業を機に帰郷する。

友人親戚一同が集った卒業記念パーティーで、

将来を嘱望される若者に人々は陽気に話しかける。

そのパーティーで、父親(ウィリアム・ダニエルズ)の職業上のパートナーである

ミスター・ロビンソンの妻のミセス・ロビンソン(アン・バンクロフト)と再会する。

卒業記念のプレゼント、赤いアルファロメオ・スパイダー・デュエットで

ミセス・ロビンソンを送ったベンジャミンは、彼女から思わぬ誘惑を受ける。

一度は拒んだベンジャミンだったが、目標を失った彼に示された道は他になかった。

コロンビア大学大学院への進学を前にしたうつろな夏休みが始まる。

夜ごとの逢瀬。

それでもぬぐい去れない虚無感。

心配した両親は、同時期に帰郷した幼なじみの

エレーン・ロビンソン(キャサリン・ロス)をデートに誘えという。

一度きりのデートでわざと嫌われるようにし向けるはずが、

ベンジャミンはエレーンの一途さに打たれ、二度目のデートを約束してしまう。

二度目のデートの当日、約束の場所に来たのはミセス・ロビンソンだった。

彼女はベンジャミンにエレーンと別れるように迫り、

別れないならベンジャミンと交わした情事を娘に暴露すると脅す。

焦燥したベンジャミンはエレーンに自ら以前話した不倫の相手は、

他ならぬあなたの母親だと告白する。

ショックを受けたエレーンは、詳しい話も聞かずに、ベンジャミンを追い出す。

エレーンを忘れられないベンジャミンは、彼女の住む街にアパートを借り、

大学に押しかけ、エレーンを追いかける。

結婚しようという彼の言葉を受け入れかけたある日、

しかし、彼女は退学していた。

そしてベンジャミンはエレーンが他の男と結婚することを知る。

どうにか彼女の結婚が執り行われている教会まで駆けつけたベンジャミンは、

エレーンと新郎が今まさに誓いの口づけをした場面で叫ぶ。

「エレーン、エレーン!」。

ベンジャミンへの愛に気づくエレーンはそれに答える。

「ベーンッ!」。

ベンジャミンを阻止しようとするミスター・ロビンソン。

悪態をつくミセス・ロビンソン。

二人は手に手を取って教会を飛び出し、バスに飛び乗る。

映画 名作シリーズ 1967年「卒業」感想

やはり、忘れられないシーンは最後の

花嫁奪還後に乗り込んだバスのシーンです。

最初は笑顔だった2人の表情が、どんどん不安な感じになって行くのが

決して幸せではない、未来の暗示なんでしょうか?

この映画を最近見直してみると、色んなものが見えてきました。

若い頃に見てた時は、純愛を通した恋愛映画だと思ってましたが、

年を重ねてから見ると、大人の社会に盾突く若者

しかし、大人の社会と壁は決して甘いものでは無い!

と言うメッセージも、有るのかも知れません。

ラストシーンも、若い頃はただ、素敵なシーンだ!って

思ったのですが、今はこのまま二人で逃げて

生活はどうるの?愛だけじゃ食べていけないんだよー

って感じの事を考えてしまい、ん~~素直に

恋愛映画が見れなくなった、年齢なのかもしれません・・。

可憐なキャサリン・ロスに見とれてしまう作品でもあり、

ダスティン・ホフマンの演技力は、この頃から凄いです。

有名なテーマ曲、サイモン&ガーファンクルの

「サウンド・オブ・サイレンス」

「ミセス・ロビンソン」

「スカボロー・フェア」

曲を聞くだけで、映画のシーンを思い出します。

青春の思い出の作品、機会があればご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました