スポンサーリンク

映画 名作シリーズ オリビア・ハッセー「ロミオ&ジュリエット」

映画 名作シリーズ
Amazonプライムビデオ

映画 名作シリーズ 「ロミオ&ジュリエット」とは?

1968年に製作・公開されたイギリスとイタリアの合作映画

イギリス出身のレナード・ホワイティングとオリヴィア・ハッセーが主演した。

従来の映画化(1936年版など)と比較して、

より登場人物の実年齢に近づけたキャスティングが行われ、

イタリアでロケーションが行われた。

ニーノ・ロータが担当した音楽も評判となり、

テーマ曲は古今東西の映画音楽の代表的な名作として、

現在に至るまで親しまれています。

沢山の方がレビューを書いている作品なので、今更ではありますが

ご紹介していきます。

映画 名作シリーズ 「ロミオ&ジュリエット」キャスト

  • オリビア・ハッセー(ジュリエット)
  • レナード・ホワイティング(ロミオ)
  • マイケル・ヨーク(ティボルト)
  • ジョン・マケナリー(マキューシオ)
  • ミロ・オーシャ(ロレンス神父)
  • ローレンス・オリビエ(ナレーション)

映画 名作シリーズ 「ロミオ&ジュリエット」あらすじ

ルネッサンス期のイタリアの町、ヴェロナ。

2大名門として知られるモンタギュー家とキャピュレット家は、

仇敵視しあう仲。日々血で血を洗う争いが絶えなかった。

ある日、舞踏会で出会ったロミオとジュリエットは、一目で魅かれ合う。

だがお互いの素性を知って嘆き合う2人。

ロミオは16歳、ジュリエットは14歳。

しかしバルコニーで恋の苦悩を訴えているジュリエットを見たロミオは、

いたたまれず熱烈な愛の告白をし、2人は結婚を誓い合う

二人は修道僧ロレンスの元で秘かに結婚。

ロレンスは二人の結婚が両家の争いに

終止符を打つきっかけになる事を期待する。

親友・マキューシオを殺され、ロミオはキャピュレット夫人の甥

ティボルトを殺してしまう。

ヴェローナの大公エスカラスは、ロミオを追放の罪に処する。

キャピュレットは悲しみにくれるジュリエットに

大公の親戚のパリスと結婚する事を命じる。

ジュリエットに助けを求められたロレンスは、彼女をロミオと逃がすため、

仮死の毒を使った計画を立てるが、この計画は追放されていたロミオに

伝わる前に、ジュリエットの死を知ってしまう。

ジュリエットが死を知ったロミオは、彼女の墓で毒を飲む。

その直後に仮死状態から目覚めたジュリエットも

ロミオの短剣で後を追う。

事の真相を知り悲嘆に暮れる両家は、ついに和解する。

映画 名作シリーズ 「ロミオ&ジュリエット」感想

有名なシェイクスピア悲劇を、大胆な解釈と斬新な映像感覚で

描いたフランコ・ゼフィレッリ監督の代表作です。

映画の主演の2人は、原作に最も近い年齢

17才のR・ホワイティングと15才のO・ハッセー。

1936年の映画化では、ジュリエットは金髪で

大人の俳優が演じています。

ジュリエットは金髪では無く、褐色の髪と言う

監督のイメージから選ばれた、O・ハッセー

この映画は、17歳の頃に見たのですが(リバイバルですよっ!)

スクリーンの中のO・ハッセーの可愛さに衝撃を受けました。

女性でも、かわいい~~!と衝撃を受けたのですから

世の、男性はもっと衝撃を受けたかもしれません。

「 A time for us  ロミオとジュリエットより Romeo and Juliet」

ニーノ・ロータの音楽も、心に残る名曲となっています。

皆様も、一度は聞いたことがあると思います。

この、DVDは棺桶まで持って行きたい!

ちょうど多感な時期に見た、心に残る名作です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました