映画 名作シリーズ「禁じられた遊び」あらすじと感想

映画 名作シリーズ
Amazonプライムビデオ

スポンサーリンク

映画 名作シリーズ「禁じられた遊び」とは?

1952年のフランスのドラマ映画。

監督はルネ・クレマン、出演はブリジット・フォッセーと

ジョルジュ・プージュリー(フランス語版)など。

フランソワ・ボワイエ(フランス語版)の小説『Les Jeux inconnus』を

原作とし、戦争で孤児となった5歳のフランス人少女の運命を描いた反戦映画である

ギターの練習曲?として有名な「愛のロマンス」

皆さんも1度は聞いたことがある名曲だと思います。

映画『禁じられた遊び』予告編

映画 名作シリーズ「禁じられた遊び」あらすじ

1940年6月、ドイツ軍から逃げるため街道を進む群衆の中に、

幼い少女ポーレットがいる。そこに戦闘機による機銃掃射があり、

ポーレットは一緒にいた両親と愛犬を失ってしまう。

ポーレットは愛犬の死体を抱きながら川沿いの道を彷徨い、

そこで牛追いをしていた農家の少年ミシェルと出会う。

ミシェルの家庭は貧しかったが、ポーレットが両親を亡くしていることを知り、

彼女を温かく迎え入れる。

ミシェルはポーレットに親近感を持ち、

無垢なポーレットもミシェルを頼るようになる。

ポーレットは死というものがまだよく分からず、

神への信仰や祈り方も知らなかった。

ポーレットはミシェルから「死んだものはお墓を作るんだよ」と

教えられ、愛犬の死体を人の来ない水車小屋に埋葬し、祈りをささげる。

愛犬がひとりぼっちでかわいそうだと思ったポーレットは、

もっとたくさんのお墓を作ってやりたいと言い出す。

ミシェルはその願いに応えてやりたくなり、モグラやヒヨコなど、

様々な動物の死体を集めて、次々に墓を作っていく。

二人の墓を作る遊びはエスカレートし、

ついには、十字架を盗んで自分たちの墓に使おうと思い立つ。

盗んだ大小さまざまな十字架で美しく装飾した自分たちの墓地を、

満足げに見つめていた。その夜、ミシェルはこっそりと家に戻り、

自分たちの墓地がとても素敵になったとポーレットに伝える。

しかし翌朝、ミシェルがポーレットに墓地を見せようとした矢先に、

警官がミシェルの家を訪ねてくる。

父は、警官が来たのはミシェルが十字架を盗んだからだと思い込み、

ミシェルを見つけ出して十字架を隠した場所を聞き出そうとする。

ところが、警官がやってきた本当の理由は、

戦災孤児として申告していたポーレットを孤児院に入れる為だった。

それまで口を割らなかったミシェルは慌てだし、

十字架の場所を言うからポーレットを家に置いてくれと父に頼んで、

十字架のありかを白状する。

しかし、父は約束を破り、ポーレットの身請けの書類にサインをしてしまう。

怒ったミシェルは家を飛び出して水車小屋へ走り、

腹いせに十字架を次々に引き抜いて川に投げ捨てる。

すべてを捨てたあと、ミシェルは車のエンジン音を耳にする。

それはポーレットが連れて行かれる車の音だった。

ポーレットは多くの人であふれる駅に連れてこられる。

修道女によって首から名札を下げられたポーレットは、

この場所から動かずに待っているように言われて、その場に残される。

ポーレットが一人きりになると、人ごみの中から

「ミシェル!」と呼ぶ声が聞こえてくる。

その声にハッとしたポーレットは涙して、ミシェルの名を叫びながら探しに行く。

しかし人違いで、ミシェルはいない。

ポーレットはママとミシェルの名を泣き叫びながら走り出し、

雑踏の中へと姿を消していく。

映画 名作シリーズ「禁じられた遊び」感想

タイトルの「禁じられた遊び」これは、幼い少年少女が十字架を盗んで

自分たちのお墓を飾る!この遊びの事を言ってるのだと、思ってたんですが

取りようによっては、「戦争」の事かな?とも思えます。

この映画は、反戦がテーマになっていますので、

やはり、戦争の事を指しているのかも知れません。

子役の演技も素晴らしいです!ラストでポーレットが

「ミシェル」の名を泣きながら叫び走り出す所は、泣けます。

戦争孤児となった少女の行く末が案じられるラストでした。

大人になって、見直してみると改めて、無垢な子供故の

残酷さなどが、垣間見えます。

お墓を作る為、動物の死骸を集めますが、

ミシェルがお墓の為に、殺したのでは?と思う

場面もあります。

音楽がとても良く、やはりこの音楽と映像で

心に残る作品となったんだと思います。

U-NEXT

コメント

タイトルとURLをコピーしました