韓国映画 キム・レウォン主演「黄泉がえる復讐」あらすじ・感想・ネタバレ

洋画

U-NEXT

スポンサーリンク

韓国映画「黄泉がえる復讐」ってどんな映画?

『友へ チング』のクァク・キョンテク監督、

人気と実力を兼ね備えたキム・レウォン主演で描く衝撃作。

連なる怨恨と殺意の果てに明かされる予想外の展開に驚かされる。

しかし、本作品は韓国でも、日本でも酷評を受けていて

残念な結果になってる作品です。

韓国映画「黄泉がえる復讐」キャスト

(ジンホン)キム・レウォン
(ミョンスク)キム・ヘスク
(ソン・ヨンテ)ソン・ドンイル
(イ・スヒョン)チョン・ヘジン
(ソ・ヒジョン)チャン・ヨンナム

韓国映画「黄泉がえる復讐」あらすじ

何者かに殺された人間が、その犯人に報復すべく生き返るという

「犠牲復活者」が各地で報告される。

検事のジンホンは、7年前に母を殺したとされる強盗の死に疑いを持ち、

独自に調査を続けていた。だがある日、

死んだ母が現れ、包丁を手に彼に襲いかかる。

何故母親ミョンスクが襲ってきたのか?

ミョンスクの襲撃が起きたことで、ジンホンが真犯人なのではないかと

世間の目が向き始める。

当局により保護されたミョンスクは「犠牲復活者」と判断され、

襲われたジンホンに母親殺害の容疑がかけられる。

スポンサーリンク

韓国映画「黄泉がえる復讐」感想・ネタバレあり

「犠牲復活者」って概念が面白いのか、面白くないのか?

この微妙な設定の元、この映画は始まっています。

何者かに殺された人物が蘇って、自らの手で報復をする

そうすると、その「犠牲復活者」は消える。

しかし、ジンホンの母は何故か息子を襲い

消えずにいたんです。

息子の殺人をお金で解決した母、ひと言で言えば

母の愛情?それもありかもしれませんが、設定上

かなり問題もあり!

韓国映画はかなり面白いものが多いのですが

この映画だけは、惨敗かも?

犠牲復活者の着目点だけは、評価してもいいかもしれませんが

結局は、キム・レウォンと言う素晴らしい俳優を

活かしきれてない映画。

主演を見て、タイトルを見てちょっと期待しましたが

大きく期待を外してくれた映画でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました