スポンサーリンク

韓国映画「観相師」韓国時代劇って面白い!あらすじと感想

韓国映画
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

韓国映画「観相師」って?

2013年公開の韓国映画。

1453年の朝鮮を舞台に、「癸酉靖難」という史実と

観相家が活躍したという想像を織り交ぜて描く。

ソン・ガンホ、イ・ジョンソク、イ・ジョンジェが豪華共演。

実際にあったクーデターをもとに、朝鮮王朝史上、

最も凄惨な覇権争いを描く歴史劇。

11歳で王に即位した瑞宗の座を狙う首陽大君の政権抗争(癸酉靖難)

に巻き込まれた天才観相師の運命を描く。

韓国映画「観相師」キャスト

(キム・ネギョン)
ソン・ガンホ
(首陽大君)
イ・ジョンジェ
(キム・ジョンソ)
ペク・ユンシク
(ペンホン)
チョ・ジョンソク
(ヨノン)
キム・ヘス
(ジニョン)
イ・ジョンソク

韓国映画「観相師」あらすじ

15世紀半ばの朝鮮王朝。

天才観相師・ネギョンは、その人の顔から性格や寿命まで

見抜く観相師として田舎に暮らしていた。

ある日、宮廷で起きた殺人事件の真犯人を

言い当てたことで人事官に抜てきされる。

高官、キム・ジョンソの信頼を得て宮中の要職に抜擢される。

だが、王の弟・首陽大君に冷酷な逆賊の相を読み取ったことから、

国家の命運と自らの人生を左右する謀反へと巻き込まれていく。

急死した王の後を継いで11歳で王位を継承した瑞宗を首陽大君から

守ろうと奮闘するネギョンだったが、

実は、首陽大君は新しい王の暗殺を企てており……。

ここからは、有名な首陽大君の政権抗争(癸酉靖難)

になって行く。

冷酷な、首陽大君により息子の命まで取られた

天才観相師・ネギョンの苦悩・・・。

韓国映画「観相師」感想

実在する人物に焦点を当てている映画。

癸酉靖難は、何度もドラマになっていて、知ってる方も

多いと思いますが、観相師の視点から

癸酉靖難を描いている点が面白いです。

映画の前半は、観相師が貧乏生活から抜け出すため

権力者を利用して(この場合、キム・ジョンソ)

成り上がろうとする様が、ちょっとコメディタッチで

描かれていて、笑える部分もあったのですが、

後半に、首陽大君が登場してから、一気に空気が重くなり

シリアスになって行きます。

史実に基ずいて、話は進んでいくのですが、やはりこれも

観相師の目を通しての物であり、権力の恐ろしさを

見せつけられる場面もあります。

息子を失った時の、観相師(ソン・ガンホ)の悲しみには

胸が詰まるような場面でもありました。

癸酉靖難に関しては、掻い摘んでの表現が多かったですが

癸酉靖難を知ってる方には楽しめる作品だと思います。

※癸酉靖難 ウィキペディア(Wikipedia)より引用

事件の発端は、1452年5月、世宗の長男であり後継者の文宗が即位2年余りで病死し、王世子の弘暐(のちの端宗)が11歳の若さで即位したことに始まる。端宗には有力な後宮の支援が得られなかったため、文宗は臨終に当たって、世宗以来の集賢殿の学者や官僚たちに国王の輔弼を託していた。

当時の政治勢力は、文宗の遺命を受けた皇甫仁、金宗瑞らの顧命大臣と最年長の王族であり、政治的能力にも優れた世宗の次男である首陽大君を中心とするグループに分かれていた。大臣たちは首陽大君を牽制するために、世宗の三男の安平大君を後ろ盾として擁立し、首陽大君の勢力拡大を阻止するための方策を模索していた。

そんな折、首陽大君は自ら謝恩使として明に赴くことを申し出て、1452年9月から翌年春に帰国するまで国内政治から離れた。この首陽大君の赴任は、彼の政権への野心を隠す絶好の機会となった。首陽大君は、随行の申叔舟や集賢殿の鄭麟趾、権擥などの功臣を傘下に加え、明から帰国するとすぐに具体的な計画に着手した。

準備が整うと、計画の発覚をおそれて、1453年10月10日の深夜にクーデターの実行が決定された。首陽大君は、まずもっとも手強い政敵であった金宗瑞を自宅に訪ねてその場で惨殺し、同時に彼の部下たちは宮廷に大臣たちを招集して、皇甫仁らの主要な大臣たちを一挙に殺害した。一方の黒幕だった安平大君は江華島に配流後、賜薬(死薬)をもって殺害された。

政権を掌握した首陽大君は、クーデターに参加した功臣たちを登用し(これらの功臣たちは、後に勲旧派と呼ばれるようになる)、「靖難」に不満を持つ王族や国王を補佐する臣下を圧迫したので、1455年閏6月に、端宗は譲位して自らは上王となり、首陽大君が第7代国王(世祖)として即位した。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. 韓国映画けっこう好きなんですよね、まあ~今は日本と揉めてますけど、映画は観たいです。
    こういう時代劇ものは韓国の方が面白いです。
    ホラーも韓国の方が面白いし…あれ?日本映画は負けて無いか!?

    • アバター ダメうさぎ より:

      コメントありがとうございます

      確かに時代劇は、韓国ドラマや映画は面白いです。

      ホラーやサスペンスもやはり韓国面白いですよね

      日本・・・負けてるかもしれないですよ(笑)

タイトルとURLをコピーしました