スポンサーリンク

韓国映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」あらすじ・感想・ネタバレ

韓国映画
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

Amazonプライムビデオ

U-NEXTで見放題となっています。

ブロサー仲間のいごっそう612さんもご紹介されています。

韓国映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」とは?

2016年の韓国映画

高速鉄道「KTX」で起こったパンデミックを描いた

サバイバル・アクションホラー

感染者、密室という恐怖に人間ドラマを織り交ぜて巧みに演出。

時速300kmで走るKTXの社内外を特殊な撮影方法で再現した、

疾走感あふれる映像は見応え十分。

韓国映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」キャスト

(ソグ)
コン・ユ
(ソギョン)
チョン・ユミ
(サンファ)
マ・ドンソク
(スアン)
キム・スアン
(ヨングク)
チェ・ウシク
(ジニ)
アン・ソヒ
(ヨンソク)
キム・ウィソン

韓国映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」あらすじ・ネタバレ

ソウルのファンドマネージャーであるソ・ソグは、

妻ナヨンと別居し、実母と娘スアンの3人で暮らしていた。

釜山に行って母に会いたいというスアンの希望を渋々承諾し、

朝一番のソウル発釜山行きのKTX101列車の3号車に乗り込んだ。

同列車には、ワーキングクラスのユン・サンファと身重の妻ソンギョン、

高校生野球チームのキム・ジニとミン・ヨングクたち、

高齢姉妹のインギルとジョンギル、

高速バス会社の常務であるヨンソクなどが乗っていた。

KTX発車直後、スアンは車窓から駅員が何者かに襲われる様子を目撃する。

一方12号車には、発車直前に異様な様子で駆け込み倒れていた女が、

介抱しようとした乗務員のミンジにゾンビのごとく襲いかかる事態が発生する。

噛みつかれたミンジは一度はこと切れたが、

すぐに女と同様に周囲の乗客を次々と襲い始め、

やがて車内は狂暴化した人間たちが襲い来る地獄と化していく。

感染者が自力で客室のドアを開けられず、

また人を見ると反射的に襲い掛かる性質に気付き、

ドアに新聞紙を貼って見えなくすることで

感染者を中間の車両に隔離することに成功する。

生き残った乗客たちは駅に到着すれば逃げられると思ったのも束の間、

列車が天安牙山駅(チョナン駅)を通過する際、

駅で感染者に次々と襲われている避難者たちを目の当たりにする。

車内のテレビでは、「各地で全国規模の暴動が発生し、死傷者が多数出ている」

として政府が非常事態宣言を発令した旨が報じられていた。

その後運転士はアナウンスで、列車は大田駅(テジョン駅)で運転を打ち切り、

軍により車内を鎮圧するため乗客は全員下車するよう告げる。

無人の大田駅に列車が着き、乗客たちが下車するなか、

出口に向かう乗客たちは感染した軍の兵士たちに次々と襲われて

命からがら列車に引き返すが、ソンギョン、スアン、インギルとホームレスは

13号車のトイレに、ヨンソク、インギルとはぐれた妹ジョンギル、

ヨングクのガールフレンドであるジニほか大多数が15号車にと、

感染者のいる車両を挟んで分散してしまう。

携帯電話で妻の危険を知ったサンファ、娘がそこにいることを知ったソグ、

その先の車両にジニがいることを知ったヨングクは、

それぞれの大切な人のため、力を合わせて

感染者のうごめく車両を突破することを決意する。

列車は線路が破壊された列車とコンテナによって塞がれていたために

東大邱駅(東テグ駅)の手前で停車を余儀なくされ、

生き残った一同は下車して他の列車を探すことになる。

運転士は車庫でディーゼル機関車を見つけ、

ヨングクとジニも車両を見つけて乗り込み、

開かない反対側の扉の窓ガラスを破っていたが、

感染者に追われていたヨンソクによって盾代わりにされたジニが犠牲になってしまい、

悲しみに暮れたヨングクもジニに噛まれてしまう。

一方、生き残ったヨンソクは、機関車を動かしていた運転士までも

犠牲にさせて乗り込む。

ソグたちは突如現れた暴走列車に巻き込まれてヨングクらと分断されたが、

なんとか這い出したソグ、スアン、

そしてソンギョンも同じ機関車へとたどり着き、

追いすがる感染者の群衆を蹴落としながら、釜山に向かい最後の走行を始める。

しかし、機関車の運転室から出てきたのは感染したヨンソクであり、

ソグは何とか振り落とすもその過程で噛まれてしまう。

ソグは引き止めようとするスアンに涙ながらに別れを告げ、

自我が消えゆく中で娘が産まれた時の幸せを思い出して微笑みながら、

機関車から飛び降りていった。

スアンとソンギョンが逃げ切った先では、バリケードと犠牲者が線路を塞いでいた。

機関車を降りたソンギョンとスアンは暗いトンネルへ歩を進め、

トンネルから出てくる人影が感染者であるかを監視していた兵士によって

射殺されそうになるが、スアンの歌(アロハ・オエ)が兵士の耳に届いたことで

最悪の事態を免れ、目的地の釜山へたどり着く。

韓国映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」感想

前から見たい映画ではあったのですが、やっと見れました。

ゾンビ映画なのに、感動する!

どんどん人が感染する中に見え隠れする人間性が

面白いです!

自分の事しか考えず、自分さえ助かれば他人を犠牲にしても

何とも思わない悪役のせいで、犠牲なる善良な人々。

閉じ込められた列車内は、まるで社会の縮図でした。

子供・学生・成功者・夫婦・老姉妹・ホームレスなど・・

極限状態の中で、人がどういう行動を取るのか?

大切な人や、家族を守る!?己自身だけを守る?

妻を守る為犠牲になったサンファ(マ・ドンソク)や

娘を守るために犠牲になるソグ(ユン・ユ)

自分が助かる為に多くの人を犠牲にしたヨンソク(キム・ウィソン)

人間の生存本能を、まざまざと見せつけられました。

次々と感染し、ゾンビになっていく人たちの

動きの速い事!特に怖いのが、身体能力の高そうな

軍の兵士たちのゾンビ!襲われたら逃げれない・・って思ってしまいます。

ラストシーンでは、生き残った妊婦のソンギョンとソグの娘スアン

スアンの歌う(アロハ・オエ)が涙を誘います。

今、世界中でコロナ渦の中、今一度、自分の行動を

しっかりと見つめる為にも、良い映画だったな~と感じます。

コメント

  1. 今続編が劇場で公開されていますね。
    韓国ゾンビ映画はけっこう人間のどす黒い部分も垣間見えて面白いです。
    続編は未見だけど観たいと思います。

    • ダメうさぎダメうさぎ より:

      新感染半島 ファイナル・ステージ公開されてますね

      コロナの為、最近全く映画館に行ってないんですよね
      もっぱら動画配信サービスでの鑑賞ばかりです。
      韓国ゾンビ映画は、他のゾンビ映画と感覚が違いますよね
      続編も、みたいな~

タイトルとURLをコピーしました