スポンサーリンク

映画「ドラキュラ」1992年作品。コッポラ監督は色あせない!あらすじ・感想・ネタバレ

洋画
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

Amazonプライムビデオ

 

Netflixでも見れます。

映画「ドラキュラ」って?

1992年のアメリカ製作

ブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』が原作。

原作に忠実な作品で、豪華キャストでも有名。

コッポラ監督の拘りが随所にみられ、その凄さを

改めて、感じる事が出来る。

映画「ドラキュラ」キャスト

ゲイリー・オールドマン(ドラキュラ伯爵)

ウィノナ・ライダー(ミナ・マーレイ/エリザベータ(二役))

アンソニー・ホプキンス(エイブラハム・ヴァン・ヘルシング教授)

キアヌ・リーヴス(ジョナサン・ハーカー)

リチャード・E・グラント(Dr.ジャック・セワード)

ケイリー・エルウィス(アーサー・ホルムウッド卿)

映画「ドラキュラ」あらすじ

1462年ルーマニア・トランシルヴァニア城の城主であるドラクルは

神と教会のために戦う聖軍を率いる戦士。

トルコ軍との戦争に出征するが、そこで戦死したという虚偽の情報を真に受けた

最愛の妻である妃エリザベータは、投身自殺する。

帰ってきたドラクルは悲しみの最中、

司祭から自殺した霊魂は神に救われないという言葉を聞かされる。

絶望の末、ドラクルは神への復讐を誓い、血を糧に生き長らえる吸血鬼と化す。

1897年ロンドン。

弁護士・ジョナサンはルーマニアのドラキュラ伯爵からの依頼を受けて

彼の城に向かうが、そこでドラキュラ伯爵の正体を知ったため、

城に囚われてしまう。

一方、ロンドンへ渡ったドラキュラ伯爵は亡き妻と

瓜二つの女性・ミナと出会う。

ジョナサンの婚約者であるミナは、

ジョナサンとドラキュラ伯爵の間で揺れ動くこととなる。

時を同じくして、ミナの親友であるルーシーは

奇妙な夢遊病の発作に悩まされていた。

徐々に心身ともに衰弱していくルーシーの様子を

心配した婚約者であるアーサーは、友人のジャックとクィンシーから

このことを形而上学者のヴァン・ヘルシングに相談するよう、勧められる。

ルーシーの屋敷を訪れ、彼女を診察したヘルシングは、

その症状が吸血鬼に血を吸われたことによるものだと気付く。

それからしばらく経ち、ドラキュラ城から脱出したジョナサンは

ロンドンに戻るが、そこでドラキュラ伯爵もロンドンに渡って来ていたことを知る。

その後、ヘルシングと出会ったジョナサンは

ドラキュラ伯爵がミナを奪おうとしていることを知り、

アーサーたちやヘルシングと共にドラキュラ伯爵に戦いを挑むことを決意する。

ジョナサンたちは伯爵の屋敷に乗り込むと、

伯爵が持ち込んだトランシルヴァニアの土に聖水をかけ眠れなくすると

屋敷に戻れなくなった伯爵は、ミナ魅了し、故郷へ逃げ去る。

ジョナサンと教授たちは伯爵を先回りし、彼の居城で待ち受け、

決戦の末、ジョナサンは伯爵の胸に杭を突き刺す。

伯爵は城内に逃れ、魔力によって魅了されているミナも後を追うが、

胸に杭を打ち込まれて瀕死の伯爵にミナが愛を告げると、

伯爵は呪いが解けて人間の姿に戻る。

ミナが伯爵にとどめを刺すと、彼女も伯爵の呪縛から解放される。

映画「ドラキュラ」感想

1992年の作品で、おおよそ30年ぐらい前の

作品になるのですが、今見ても原作に触れる事が

出来ると言う意味で、素晴らしい作品です。

当時の技術では、今のCGには勿論かないませんが

衣装が、幻想的な世界に一役買っています。

衣装をデザインしたのは日本人の石岡瑛子さん。

この作品で、第65回アカデミー衣装デザイン賞も受賞されています。

ドラキュラ伯爵の餌食になったルーシーの

「死の花嫁衣裳」が印象的で大倫のカラーとレース作りの

ベールが美しく、一見の価値があります!

そして、この映画に華を添えているのは、豪華キャスト!

ゲイリー・オールドマン演じるドラキュラ伯爵の

演技は、悲しくも、愛と苦悩を見事に表現しています。

愛と苦悩を表現したドラキュラ伯爵は

ただの、血に飢えたモンスターではありませんでした。

アンソニー・ホプキンス演じる宿敵ヘルシング教授

さすがの貫禄!この存在感はドラキュラ伯爵をも、圧倒します。

若き日のウィノナ・ライダーキアヌ・リーヴス

すこぶる可愛い、ウィノナ・ライダーと

好青年のキアヌ・リーヴスですが、婚約者のキアヌ・リーヴスより

伯爵のゲイリー・オールドマンに惹かれてしまうのは、

わかる気がします。

そのぐらい、ゲイリー・オールドマンの伯爵の

渋い魅力に圧倒されました。

原作に基づきながらも、神を愛し、

神に裏切られた愛と苦悩を表現し

ドラキュラを只の、モンスター映画ではない独自の

魅力を持たせた、コッポラ監督の作品を

是非、1度ご覧になってください。

コメント

  1. よくよく振り返ったら…めっちゃ豪華キャストですね!
    もう一回観てみたくなってきました。

    • ダメうさぎダメうさぎ より:

      コメントありがとうございます。

      私も、観直したのですが
      ほんと、豪華キャストでした。
      ゲイリー・オールドマンは、渋かった~~(笑)

タイトルとURLをコピーしました