スポンサーリンク

海外ドラマ「ドラキュラ伯爵」2020年に生きるドラキュラ伯爵の新解釈!?あらすじ・感想・ネタバレ

海外ドラマ
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

Amazonプライムビデオ

 

Netflixで見る事が出来ます。

海外ドラマ「ドラキュラ伯爵」とは?

2020年 イギリスのBBCとNetflixによる共同製作。

全3話構成になっています。

1話、約90分となっており、見ごたえ抜群!

時代をまたいで、活躍するドラキュラ伯爵に注目!

原作は、ブラム・ストーカーの小説「ドラキュラ」

に基ずいた作品。

海外ドラマ「ドラキュラ伯爵」キャスト

クレス・バング(ドラキュラ伯爵)

ドリー・ウェルズ(シスター・アガサ・ヴァン・ヘルシング)

ジョン・ヘファーマン(ジョナサン・ハーカー : イギリスの弁護士)

海外ドラマ「ドラキュラ伯爵」各話 あらすじ

1話 怪物の定め

1896年、弁護士のジョナサン・ハーカーがイギリスの不動産購入の件で

トランシルバニアのドラキュラ伯爵の城を訪ねる。

ドラキュラはハーカーを引き留めて血を吸い、

次第に若さと強さを取り戻すがハーカーは逆に弱る。

ハーカーは城を調べ、ドラキュラに噛まれたアンデッド(不死者)達を見つける。

ドラキュラはアンデッドたちを自分の花嫁と呼ぶ。

ドラキュラはハーカーを殺すが、ハーカーは蘇生して川に飛び込む。

ハーカーは記憶を一部失って海で見つかり、

ブダペストの修道院に運ばれてシスター・アガサ・ヴァン・ヘルシングと

婚約者のミナに尋問される。

ハーカーはミナを襲いそうになって、自分の胸に杭を突き立てる。

ハーカーに引き寄せられたドラキュラが修道院に現れるが、

内部からの招待なしには立ち入ることができない。

アガサはドラキュラを嘲りその限界を試す。

だがドラキュラは開いた窓からハーカーを見つけ、

アンデッドは自殺できないことを教え、

ハーカーの存在を終わりにする約束をして自分を修道院内部に招待させる。

ドラキュラは修道院に入ってアガサとミナ以外のすべての修道女を殺し、

ハーカーの皮を被って二人の隠れる地下室に迫る。

2話 血塗られし航海

謎の人物バラウルが雇った船デメテルにドラキュラ伯爵が乗る。

船にはバラウルに関わりのある乗客と

トランシルバニアの土の入った箱が積まれている。

ドラキュラは乗客と船員を殺し始め、血を吸って記憶を奪う。

バラウルはドラキュラ自身であり、

彼がイギリス社会に馴染むために乗客が選ばれたことがわかる。

生き残った人々は殺人犯を探し、

ドラキュラに血を吸われてアンデッドとなったアガサ・ヴァン・ヘルシングが

部屋の一つに隠されていたことを知る。

ドラキュラはアガサに殺人の罪を着せるが、

アガサはドラキュラがヴァンパイアであることを証明し、火をつける。

燃えながら、ドラキュラは海に落ちる。

船がイギリスに近づくと、船に隠れていたドラキュラが姿を現す。

アガサが時間を稼ぐ間、船長が船に穴をあけて沈め、

ドラキュラがイギリスに行けないようにする。

だがドラキュラは海の底の故郷の土の入った棺の中で生き延び、イギリスに上陸する。

ヘリコプターと車がドラキュラを取り囲み、アガサに似た女が姿を現す。

3話 闇の羅針盤

1897年、ブダペストの修道院で、アガサは自分が血を吸われる代わりにミナを逃がす。

123年後のイギリスの海岸で、ドラキュラはアガサの玄姪孫の

ゾーイ・ヴァン・ヘルシング博士に会って拘束される。

ドラキュラは、ゾーイの血を飲むが吐き出す。

ドラキュラは逃げたミナが設立したジョナサン・ハーカー財団の

施設に拘束され、採血される。

しかし、連絡を受けた弁護士のフランク・レンフィールドが

ドラキュラを解放する。

癌を患っていたゾーイはドラキュラの血を飲み、アガサの記憶を得て幻を見始める。

財団の従業員ジャック・セワードの電話を盗んだドラキュラは、

ジャックの元恋人のルーシー・ウェステンラと親しくなって何度も血を飲む。

ルーシーは死に火葬されるが蘇る。

瀕死のゾーイはジャックに連れられてロンドンのドラキュラの家に行く。

ジャックはおぞましい姿のアンデッドとなったルーシーの

望みをかなえて永遠の死を与える。

ゾーイはドラキュラを日光に曝し影響を受けないことを証明する。

ドラキュラが鏡に映らず、招待なしに家に入れず、

日光と十字架を恐れるのは、死を恐れる自分を恥じたドラキュラが

社会から隠れるため自分に課した条件付けであると説明する。

ゾーイは死に、ドラキュラはその癌に冒された血を飲んで永遠の死を迎える。

海外ドラマ「ドラキュラ伯爵」感想

今作品は、原作の「吸血鬼ドラキュラ」に沿っています。

登場人物も、原作ではお馴染みのキャラで

1話、2話は、1896年、1897年と時代に沿っていますが

3話になると、123年後の2020年

時代の変化に驚く、ドラキュラ伯爵の様子もかなり面白いです。

時代が変わっても、紳士ぶりは健在?

各話、1本の映画の様にまとまっていて、

見ごたえ十分で、一気に見ても飽きさせないほどでした。

ドラキュラ映画と言えば、古くから何度も映画化されてきました。

ドラキュラ役者として、一番有名なのは

クリストファー・リーではないでしょうか?

身長が193センチとも196センチとも言われるぐらい、

長身の人物でドラキュラ伯爵がはまり役!80歳を超えてからは、

「ロード・オブ・ザ・リング」や「スターウォーズ」などの

大作にも出演していました。

ドラキュラ映画で忘れてはならないのは、ヴァン・ヘルシング

ドラキュラ伯爵の宿敵でもあります。

クリストファー・リーが伯爵、ピーター・カッシング

ヴァン・ヘルシングを務めた映画は、3本。

映画ファンの中では、未だにこのコンビを超える映画は

無いと思っています。

数あるドラキュラ映画の中で、

原作に最も違いと思われる映画は、1992年の作品で

フランシス・フォード・コッポラ監督「ドラキュラ」かな?と思っています。

ドラキュラ伯爵に(ゲイリー・オールドマン)

ヴァン・ヘルシングに(アンソニー・ホプキンス)

ジョナサン・ハーカーに(キアヌ・リーヴス)

ジョナサンの婚約者ミナ・マーレイに(ウィノナ・ライダー)

豪華キャストで作られています。

本作品も非常に面白いので、お勧め作品です。

その内、レビュー書いてみます!

コメント

  1. これ自分観たことあります。
    エピソード1.2は良かったけど3がイマイチでした。
    原作と違う展開がダメでしたね。
    原作を変えない方が良かった気がします。

  2. ダメうさぎダメうさぎ より:

    コメントありがとうございます。

    3話はいきなり2020年でしたが、やはり
    古典の良さは、その時代背景じゃないと無理ですよねー
    新解釈と言うのは、理解できますが、
    3話だけ残念でしたね

タイトルとURLをコピーしました