韓国映画 愛を歌う花 (2016) あらすじ・感想

洋画
スポンサーリンク

韓国映画 「愛を歌う花」とは?

1943年の日本統治下の朝鮮を舞台に、時代に翻弄されながらも

歌と愛に生涯をささげた妓生(キーセン)たちの生き様を描いたドラマ。

歌と愛に生きた女たちの生涯を妓生が紡ぐ歌に乗せてつづる、切なくも美しい叙事詩
天性の歌声と美貌を併せ持つ幼なじみの妓生が同じ歌と男を愛し、運命が狂い始めていく。

「ビューティー・インサイド」のハン・ヒョジュが純情かつ挑発的なヒロインを好演。

キャスト
ソユル ハン・ヒョジュ
ユヌ ユ・ヨンソク
ヨニ チョン・ウヒ
あらすじ

時は1943年、京城唯一の妓生養成学校。

ずば抜けた美貌と優れた歌唱力で最高の歌姫と称されるソユル(ハン・ヒョジュ)と、

心に響く天性の歌声を持つ幼なじみのヨニ(チョン・ウヒ)は、

作曲家ユヌ(ユ・ヨンソク)から一目置かれ、

同期の羨望を受けるかけがえのない親友同士だった。

作曲家として最高峰の実力を誇るユヌは民衆の心を癒やす「朝鮮の心」

という歌を作曲する矢先、ヨニの歌声にいつしか魅了されていく。

作曲家のユヌはソユルではなくヨニの歌声に才能を感じ、

ヨニに自分の曲を歌って欲しいと懇願する。

それを知ったソユルは怒りに任せユヌを責めるも

ユヌに宥められ一度はヨニを応援することに。

しかしソユルが目にしたのは、抱き合うヨニとユヌだった。

そこからソユルは復讐の化身へと変貌する。

ユヌの曲を自分のものにし、歌手になることを夢見るソユルは次第に嫉妬心が芽生え始め、

3人それぞれの運命が狂い始めていく―

「愛を歌う花」の「花」とは?
タイトルになっている「愛を歌う花」この「花」は、
妓生の事!妓生は昔から「解語花(ヘオファ)」とも呼ばれています。
身分の低い妓生たちですが、両班を相手にするのですから、
歌、舞、学問、詩歌 などにも精通していたそうです。
詩で有名な妓生は「ファン・ジニ」
日本で言う所の、芸者さんのような役割
今で言う、銀座の高級クラブのお姉さんの様感じでしょうか。

「愛を歌う花」感想

 

ハン・ヒョジュが、悪女を演じると言う作品でしたが、全然悪女じゃない!
むしろ、裏切られたんだから・・
自分より才能のある親友に裏切ら、婚約者にも裏切られ、復讐に走るんですが
あたりまえですよねー
そんなに信じてた人に裏切られるんだもの・・
しかし、どんな役を演じていても ハン・ヒョジュ は可愛いです。
映画の中の衣装も素敵で、何を着ても似合うんですよねー
韓服も可愛いし、歌ってる時のドレスも素敵でした。
もう、見ていて逆に ユ・ヨンソクチョン・ウヒが憎らしくなったぐらいですよ・・・
親友の彼を取ったのはあなたでしょ!!!!って言ってやりたかった・・・
彼女を裏切ってその親友とは・・・ありえん!! 1人で興奮状態に陥ります・・・すみません
親友に、恋人を取られたら?その時どうしますか?
そんな心の動きが、この映画の中での問いかけなのかも知れません。
この映画で残念だったのは、役者さんが話されている、日本語が聞き取りにくい事ですね
字幕いれてほしーって思うぐらい・・・w
ハン・ヒョジュ好きにはおすすめの、悲しく切ない映画でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました