スポンサーリンク

映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」マクドナルドの創業伝記

洋画
Amazonプライムビデオ

映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」ってどんな映画?

マクドナルドハンバーガー創業時の実話伝記

現在のマクドナルドが創業者と別の系統である話の映画。

マクドナルドを世界最大のファーストフードチェーンに成長させた

ビジネスマンであるレイ・クロックを描いている。

シェイクミキサーのセールスマンが、1代で築いた帝国の実態。

マイケル・キートンの魅力的な演技をその知的かつ

見事な出来映えの伝記の中心に据えている。

映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」キャスト

レイ・クロック – マイケル・キートン

リチャード・J・マクドナルド(ディック) – ニック・オファーマン

モーリス・マクドナルド(マック)- ジョン・キャロル・リンチ

映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」あらすじ

1954年アメリカ。

52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーの

セールスマンとして中西部を回っていた。

ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。

どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこには

ディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店<マクドナルド>があった。

合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、

コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、

壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。

次々にフランチャイズ化を成功させていくが、

利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。

やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、

兄弟との全面対決へと突き進んでいく。

映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」感想

映画としての出来栄えは、かなり良く面白い作品。

マクドナルド兄弟視点の、物の味方も非常に面白いです。

更に、マイケル・キートンの演技には、終始圧倒されるものがありました。

最終的には、悪知恵を駆使し、マクドナルド兄弟から

マクドナルドを奪ってしまう。

何とも、ひどい話で兄弟と交わされた紳士協定も守られず。

マクドナルド兄弟が、合理化をする展開や、フランチャイズに踏み切る

展開などは、うだつの上がらないセールスマンに同情しながらも

引き込まれる展開だったが、終盤になればなるほど

(成功と共に、嫌な奴になった感じ?)

人の奥さんは欲しがるわ、マクドナルド兄弟を結果、騙したような形

でマクドナルドを奪うわ!どう考えても非道な、レイ(マイケル・キートン)

感情移入は出来ませんでした。

最後の落ちでは、結局「マクドナルド」という名前とお馴染みのマーク

ゴールデンアーチが欲しかっただけ!

※お馴染みのマークは、「M」ではなく、ゴールデンアーチだった

自分で立ち上げず、フランチャイズに拘った原因だったというのも

驚きでした。

創業者ではないのに、創業者(ファウンダー)を語る手口には

マクドナルド兄弟の言った、「ニワトリ小屋の中にオオカミを入れてしまった」

が、まさにピッタリ!

映画の展開は、気分の良いものでは無いですがなぜか、見終わると

「マクドナルド」が食べたくなるマジックなのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. なんとまあ~マクドナルドにそんな逸話があったとは…。
    読んでしまったので、このブログで満足しときます。
    今日はアイリッシュマン観ます。長いんで大変ですが‥。

    • アバター ダメうさぎ より:

      コメントありがとうございます

      マクドナルドって創業者じゃないのに、乗っ取った感じだったんですよね

      私も、ちょっと驚きでした

      アイリッシュマンは、大御所が共演してるやつですよね~

      レビュー楽しみにしています

タイトルとURLをコピーしました