スポンサーリンク

韓国ドラマ「不滅の恋人」全話あらすじ・考察

韓国ドラマ
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

U-NEXTで見放題となっています。

韓国ドラマ「不滅の恋人」とは?

王位と1人の女性をめぐる兄弟の激しい争いと

切ないラブストーリーを描いた歴史ドラマ。

15世紀、朝鮮王朝に実在した首陽大君と弟・安平大君の対立がモチーフ。

純粋で芯の強いヒロインをチン・セヨン、

2人の大君をユン・シユンとチュ・サンウクが好演。

韓国ドラマ「不滅の恋人」考察

あらすじを書いた後に、感想などを書くのですが、今回は

先に書いてみます。

この作品は朝鮮王朝時代に実在した人物を元に作られているのですが、

歴史ものとしては、見てはいけないからなんです。

実在の人物の首陽大君と弟・安平大君の人物像は、

全く史実とは異なります。

完全に史実を離れているので、歴史好きの私には

どうも、納得がいかないドラマだったわけです。

恋愛ものとして見るか、史実を忘れてみるなら面白いドラマだと思います。

首陽大君は、幼い甥の王座を奪う!(ここは史実の通り)

弟・安平大君に、謀反の罪を着せる(ここも史実通り)

しかし、弟・安平大君が勝ち、首陽大君が負ける・・・

ここは・・・全く史実とは違います。

ドラマ的には、ハッピーエンドなのですが、そうなると・・

首陽大君の子孫の朝鮮王朝最大の暴君、ヨンサングンや

インス大妃は・・・とか、要らん事を考えちゃって・・

史実に基づいて動いていく話と、全く別物の話が交差して

歴史好きには、入り込めないものとなってしまいました。

恋愛ドラマがお好きな方には、お勧めですが、

朝鮮王朝の歴史ドラマが好き!って方にはお勧めではないかも~

韓国ドラマ「不滅の恋人」キャスト

(イ・フィ/ウンソン大君[安平大君])
ユン・シユン
(ソン・ジャヒョン[チャヒョン])
チン・セヨン
(イ・ガン/チニャン大君[首陽大君])
チュ・サンウク
(ヤンアン大君)
ソン・ビョンホ
(大妃シム氏)
ヤン・ミギョン
(ナギョム)
リュ・ヒョヨン
(ルシゲ)
ソン・ジヒョン
(パク・キトゥク)
ジェホ
(ソン・オク)
イ・ギヨン

韓国ドラマ「不滅の恋人」各話・あらすじ

朝鮮王朝時代。

国王と2人の大君、イ・ガンとイ・フィの三兄弟。

やがて国王の病が悪化し、イ・ガンは王位継承者である幼い甥から王座を奪い、

弟の恋人・チャヒョンをも手に入れようと動きだす。

イ・フィは愛する恋人と甥を守るため、兄との闘いを決意する。

第1話
朝鮮王朝時代。王の息子はまだ幼く、王の母・大妃は後継者争いを恐れていた。

王の弟・カンは王座に就く絶好の機会だと宮殿に向かう。

その頃、数年前に戦死したはずの王の末弟・フィが人知れず帰還する。

第2話
朝廷の重臣の娘・チャヒョンは、絵を描くことが大好きなおてんば娘。

ある日、彼女はずっと欲しかった貴重な青色の顔料を見つけるが、

売るのを拒む店主ともみあいになってしまう。

するとそこへフィが現れ…。

第3話

撃毬の試合はカン側の勝利で終わる。

この試合を無断で見に来ていたチャヒョンは兄に見つかり、

フィの控室に逃げ込むが、フィが戻ってきてしまう。

カンはフィの部屋にいるチャヒョンを目撃し…。

第4話

国王の側室がひそかに息子を出産。

カンを世継ぎにしたい伯父のヤンアン大君は、ある策を講じる。

一方、チャヒョンが気になるフィは、彼女が傷の手当てをしてくれた

手拭いに花の絵を描き、青色の顔料を添えて届ける。

第5話
カンの船から川に飛び込んだチャヒョン。

彼女を助けたフィはついに想いを告白し、

チャヒョンに手を出すなとカンに告げる。

そして、カンとナギョムの祝言の日。

チャヒョンはそこでフィが王の弟・大君だと知り…。

 第6話
女真族が北方を襲撃したという知らせが届くなか、国王が倒れてしまう。

カンの一派の重臣は、王に代わって頼れる世継ぎをすぐに定めるべきだと声を上げる。

そんななか、フィは戦地へ行くことを決意するが…。

第7話

フィと討伐隊は戦地へ向かうが、チャヒョンは手縫いの綿入れをフィに渡すため、

兵士に変装して一行に付いていく。

それに気づいたチャヒョンの母は夫に報告。

ちょうどその場にいたカンは、自分が連れ戻すと申し出る。

第8話

フィは女真族との交渉に向かうが、味方の軍が攻撃を始めてしまう。

女真族の長と裏取引をしたヤンアン大君のわなだったのだ。

ヤンアン大君は血の付いたフィの服を王と大妃に見せ、

フィは戦死したと偽りの報告をする。

第9話

フィが北方で戦死したとされてから3年が経過。

都では国王が倒れ危篤に陥るが、王の息子はまだ幼かった。

カンは今こそ王座に就く絶好の機会だと宮殿に出向く。

その頃、やっとの思いで帰還したフィは宮殿へ向かい…。

第10話

フィは、女真族と裏取引をした証拠があるとカンに告げ、

王に尽くすならこの件は表沙汰にしないと迫る。

大妃はフィの遺言を受け、世継ぎの王への即位式を早める。

そんななか、フィとチャヒョンの祝言の日が決まり…。

第11話

フィとチャヒョンの祝言の日に謀反が発生。

フィは幼い王の身を案じ、宮殿に向かう。

刺客の1人が首謀者は王座を狙うフィだと自白するが、

チャヒョンは信じられない。

宮殿に着いたフィは、すぐに王を連れ出すが…。

第12話

逆賊として投獄されたフィは、牢まで会いにきたチャヒョンを励ます。

チャヒョンはカンに会い、自分を捧げる代わりにフィを助けてくれるよう頼む。

そんななか、重臣たちはフィを死罪にするよう大王大妃に訴えるが…。

第13話

チャヒョンは監視の目をかいくぐり、

ルシゲと共にフィのいる流刑地の島へ向かう。

カンの手下、オ・ウルンは島の監督官、ト・ジョングクに、

「逃亡を図ったフィを兵が阻止した」という筋書きで暗殺する計画を明かす。

第14話

ついに幼い甥から王座を奪ったカン。

カンを訪ねたチャヒョンは彼を殺そうとするが、

失敗し幽閉されてしまう。

チャヒョンに嫉妬するナギョムは、

カンの許可なしにチャヒョンを拷問にかけるが…。

第15話

フィは尼寺へ送られるチャヒョンを救い、山寺へ連れていく。

チャヒョンはフィが生きていたことを喜ぶが、

彼女がカンの側室になろうとしたという噂をフィが信じていたことに憤り、

2人はぎくしゃくしてしまう。

第16話

カンが流刑地にいる幼い上王の暗殺を企てていると知ったフィは、

阻止するべく動きだす。

チャヒョンも同志として一緒に行動すると申し出る。

一方、カンは矢に毒を塗られて以来、暗殺に脅えるようになっていた。

第17話

宮殿に迎えた女真族の使節団の長を殺したカンは、

一団が宿泊する部屋を調べ、かつて自分が王座に就くために行った

裏取引の証拠となる密書を探す。

フィはルシゲを連れ、残った女真族の使節に面会するが…。

第18話

フィは上王の名を使い、カンが不当に王座を奪った逆賊だと

訴える告発文を町中に貼る。

上王を復位させるために動きだしたフィは、

チャヒョンを通じて自分の生存と

上王の無事を大王大妃に知らせることに。

第19話

フィとルシゲたちは、初代国王の墓の参拝に向かうカンの輿を待ち構える。

その間、チャヒョンとキトゥクは上王を連れて宮殿へ。

カンが不在の隙に、大王大妃に上王を託し復位させる計画だったが…。

第20話(最終話)

オ・ウルンの剣がルシゲに振り下ろされ、

フィとチャヒョンが見守るなかルシゲは力尽きる。

オ・ウルンはカンに王宮から逃げるよう伝えるが、

カンはここにとどまりフィを殺すと答える。

カンの前にフィが現れ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました