スポンサーリンク

韓国映画「ザ・コール」時を超える殺人犯の恐怖!あらすじ・感想・ネタバレ

韓国映画
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

Amazonプライムビデオ

 

Netflixだけで観れる映画となっています。

ブロサー仲間のいごっそう612さんも紹介されています。

韓国映画「ザ・コール」とは?

時を超える断末魔の叫び!?

過去の殺人犯の狂気と憎しみが

現在に生きる人の運命をも狂わす。

1本の電話で繋がった違う時間帯の2人の女が

互いの運命を変えながら進む!

2011年の「恐怖ノ黒電話」のリメイクの様な作品。

韓国映画「ザ・コール」キャスト

パク・シネ(ソヨン)

チョン・ジョンソ(ヨンスク)

キム・ソンリョン(ソヨンの母)

イエル(ヨンスクの養母)

パク・ホサン(ソヨンの父)

オ・ジョンセ(イチゴ農家のソンホ)

韓国映画「ザ・コール」あらすじ

ソヨンは幼い頃に大好きだった父を火事で亡くし、

その原因を作った母をいまだに許せずにいた。

母が入院中のため無人となった実家を久々に訪れた彼女は、

来る途中で携帯電話を失くし、古い電話機を引っ張り出す。

するとヨンスクという若い女性から電話が掛かってきて、

彼女は20年前の同じ家にいることが判明。

時を超えて会話を続けるうちに2人は親しくなり、

ヨンスクはソヨンの父が命を落とした火事を事前に食い止める。

歴史は書き換えられ、ソヨンは父や母と幸せな日々を過ごすが……。

韓国映画「ザ・コール」感想・ネタバレ考察

イ・チュンヒョン監督が2011年のイギリスのホラー映画

「恐怖ノ黒電話」を原案に制作した作品。

リメイク作品と言える様ですが、ラストシーンはかなり複雑。

過去を変えた為に、家族共々恐怖に陥る話なのですが

過去の殺人犯の狂気が、現在と交差してる作品で

最初はどうなるの?とかなり興味津々で観ていたのですが

途中からは、何となく先が読める展開になって来て

ちょっと興ざめ?と思った所でどんでん返し!

過去の殺人犯ヨンスクは、現在では捕まり無期懲役になってるはず!

なのですが、過去を変えた為、現在でも野放し状態。

ヨンスクに過去を変えてもらい父を救ってもらったソヨン。

ヨンスクが養母に殺されるのを阻止した事から事件が広がります。

逆に養母を殺したヨンスクが、そこから狂気の世界を見せてくれます。

ヨンスクがどうやって捕まるかを教えなかったソヨン。

電話を無視し、ヨンスクを殺そうとしたが、

失敗し逆に父も殺され幼い自分自身も捕まる展開に!

現在も捕まらず生きているヨンスクに遭遇し

殺されそうになるが、母が幼いソヨンを助ける為、

ヨンスクと一緒に2階から落ちヨンスクが消える。

ラストシーンで、父のお墓にいると母がやって来る

母と一緒に歩いているが、途中で母が消える?!

階段から落ちたはずのヨンスクが動く・・・生きていた!

白い布をかぶせられた椅子に座った人・・・

布をめくると、そこには大人のソヨン。

ここで映画は終わるので、ここからは推測です。

●母が消えたのは、階段から落ちたが生きていたヨンスクに殺された。
●白い布をかぶせられた大人のソヨンは、子供の頃に捕まったまま
監禁されていたのでは?
●ヨンスクが現在も捕まらないのは、上手く殺人を隠したから?

色々、謎が残りましたがさっくりと見れた映画でした。

コメント

  1. タイムパラドックスもので、なかなかな作品でしたね。
    これ続編もあるんでしょうか?期待したいです。

    • ダメうさぎダメうさぎ より:

      コメントありがとうございます。

      最後は続編がありそうな感じだったですよねー

      続編が無くても、終わり方は悪くなかった気がします。

タイトルとURLをコピーしました