スポンサーリンク

映画「ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪」タイトルだけでは気が付かなかったシリーズ!あらすじ・感想

洋画
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

Amazonプライムビデオ

映画「ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪」とは?

香港のヒットメーカー、ツイ・ハークが監督・脚本を手がけ、

中国で大ヒットを記録した怪奇アクションアドベンチャー。

2010年の同監督作「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」の

シリーズ第2弾で、前作ではアンディ・ラウが演じた

「中国版シャーロック・ホームズ」とも言われる

主人公ディーの若き日の活躍を描く。

映画「ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪」キャスト

(ディー・レンチェ)
マーク・チャオ
(ユーチ)
ウィリアム・フォン
(シャトー)
ケニー・リン
(イン)
アンジェラベイビー
(皇后・則天武后)
カリーナ・ラウ

映画「ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪」 あらすじ

西暦665年、唐朝末期。第3代皇帝・高宗と皇后・則天武后(カリーナ・ラウ)が

敵国に送り出した10万に及ぶ水軍艦隊が何者かの襲撃を受けて全滅。

巷では“海の神・龍王<シードラゴン>”の怒りを鎮めるには

若い女性を供物にしなければならない、という噂が流れ始める。

そんな中、若き判事ディー・レンチェ(マーク・チャオ)が花の都・洛陽に赴任。

供物として選ばれた美しき花魁・イン(アンジェラ・ベイビー)

を巡る誘拐事件に巻き込まれた彼は、医官・シャトー(ケニー・リン)や

司法長官・ユーチ(ウィリアム・フォン)とともに捜査に乗り出す。

やがて、彼らはインを奪いに現れた鉄の爪を持つ醜い謎の怪物に遭遇。

その正体を探るうちに異形の裏に隠された

悲しくも切ない真実を知ることになるのだった。

映画「ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪」感想

判事ディー・レンチェのシリーズの2作目で、

全部で、3作なのですが、公開順と時系列では違うので

まとめてみました。

時系列で整理すると

●ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪
※判事ディー・レンチェの若かりし頃 主演 マーク・チャオ

●王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン
※判事ディー・レンチェは、マーク・チャオ

●王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件
※判事ディー・レンチェは、アンディ・ラウ

公開順に整理すると

●王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件
※判事ディー・レンチェは、アンディ・ラウ

●ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪
※判事ディー・レンチェの若かりし頃 主演 マーク・チャオ

●王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン
※判事ディー・レンチェは、マーク・チャオ

1作目のアンディ・ラウ主演の判事ディー・レンチェが

余りにもカッコよすぎて、イメージが固まってしまってた為

マーク・チャオが地味に感じてしまいました。

やはり、アンディ・ラウに、華がありすぎなんでしょうね~

若き日のディー・レンチェと言う事で、まだ判事として

赴任したばかりの頃の話で、

タイトルだけでは、「王朝の陰謀」シリーズとは思いませんでした。

2作目のタイトルでは、「王朝の陰謀」が付いていません。

確かに、若き日のディー・レンチェなので、まだ王朝の陰謀には

関わってませんから、それでタイトルについてなかったのかな?

3作目では、1作目の「王朝の陰謀」を付けています。

相変わらず、ワイヤーアクションとCGが全開!

崖っぷちでの、ワイヤーアクションは息をのみます!

ただ、少し残念だったのがタイトルにもなっている

シードラゴン!もう少し何とかならなかったの?って

思ってしまうようなキャラクターでした。

ちょっと昔のアニメ映画?特撮映画っぽい雰囲気もありますが

全体的には、楽しめる作品となっています。

コメント

  1. えー!
    主人公を演じるのがアンディ・ラウからマーク・チャオに代わっているんですか
    ちょっと残念…一気に観る意欲が

    • アバター ダメうさぎ より:

      コメントありがとうございます

      そうなんです

      主演が変わって、ちょっと戸惑いました。

      マーク・チャオはちょっと地味・・・

タイトルとURLをコピーしました