スポンサーリンク

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄」あらすじ・感想

洋画
U-NEXTで見る動画

U-NEXT

Amazonプライムビデオ

どちらでも、見放題となっています。

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄」とは?

永遠のヒーロー、ウォン・フェイホンが復活!

ワンチャイシリーズ待望の新章が誕生!

主演はジェット・リーの後継者として認められた

正統派アクションスター、チウ・マンチェク。

獅子頭をかぶった対決「獅王争覇戦」などの伝統絶技が炸裂する。

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄」あらすじ

ウォン・フェイホン(チウ・マンチェク)の道場にやけどを負った男が侵入し、

魔物に取りつかれたように暴れ狂ったのち意識を失う。

男は謎の猛毒に侵されており、人間とは思えないほど筋肉や血管が強靭化していた。

フェイホンと恋人のモーは、男を西洋医学で救おうと試みるが…。

北拳武闘家のウー・ジェンナン(マイケル・トン)が

近くに道場を開設しウォンを敵視する中、

周辺では失踪や誘拐といった事件が発生する。

さらに事件を追うウォンの身にも危険が迫ろうとしていた。

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄」感想

実在した武術家のウォン・フェイホン(中国では知らない人はいない!)を、

『酔拳 レジェンド・オブ・カンフー』などの

チウ・マンチェクが久々に演じたアクション映画。

元々、このシリーズは ジェット・リー主演で始まりました。

※この頃は、リー・リンチェイ

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明(1991年)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地大乱(1992年)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地争覇(1992年)

チウ・マンチェク主演

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ IV/天地覇王(1993年)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ V/天地撃攘(1994年)

ジェット・リー主演(5年ぶりに復活)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ&アメリカ/天地風雲(1997年)

ツイ・ハークが監督したシリーズ1作目『天地黎明』は、

主役のジェット・リーに対し、ジャッキー・チェンとユン・ピョウが脇に回る

という豪華キャストでした。

ちょっと面白いのは、ジェッキー・チェンが『ドランクモンキー 酔拳』で

演じたコミカルな主人公も、若き日のウォン・フェイホンの姿という事です。

流石に、ウォン・フェイホンの映画は、ネタも使い切った感じではありますねー。

この作品で、主演を演じたチウ・マンチェクですが、

やはり、ジェット・リーのファンの私としては比べてしまいます。

アクションシーンは、チウ・マンチェクジェット・リーに比べて

遜色ないものではありますが、お茶目度がジェット・リーの魅力でもあり

魅力で言えば、ジェット・リーの勝ちかな~

ロープを使ったアクションシーンは、さすが!という感じではありました。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナのファンとしては

最新版を見れた事で満足ではあります。

只、悲しいかな、チウ・マンチェクも老いには勝てない?

そんな印象を深く残した映画でした。

余談ではありますが、実写版ディズニー「ムーラン」に出演する

ジェット・リー!ファンとしては楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. ジェット・リー、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウとは…
    恐るべき豪華キャスト!
    キャストだけで観たくなりますね。

    • アバター ダメうさぎ より:

      コメントありがとうございます

      1作目の
      ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明
      は、豪華ですよね~~
      キャストだけで観たい!わかります~

タイトルとURLをコピーしました