スポンサーリンク

中国映画「イップ・マン 序章」ブルース・リーの師匠である葉問の半生!あらすじ・感想

中国映画

にほんブログ村 映画ブログへ映画・ドラマを動画配信で見放題!あらすじ・感想・ネタバレブログ - にほんブログ村

U-NEXTで見る動画

U-NEXT


Amazonプライムビデオ

 

U-NEXTで見放題となっています。

中国映画「イップ・マン 序章」とは?

2008年の香港映画

香港映画界最強の男、ドニー・イェンが

伝説の武道家に扮した感動アクションドラマ。

ブルース・リーの師匠としても知られる中国武術・詠春拳の達人、

イップ・マンの半生を、カンフー場面満載で描く。

監督は「SPL/狼よ静かに死ね」のウィルソン・イップ。

中国映画「イップ・マン 序章」キャスト

(イップ・マン)
ドニー・イェン
(チョウ・チンチュン)
サイモン・ヤム
(三浦)
池内博之
(ウィンシン)
リン・ホン
(リー・チウ)
ゴードン・ラム
(カム・サンチャウ)
ルイス・ファン

中国映画「イップ・マン 序章」あらすじ

1935年、広東省仏山市は数多くの道場が軒を連ねる中国武術の町であった。

ここにまた1人新たな道場を開く者がいた。

泰山武術館の主、廖は仏山最強と言われる詠春拳の葉問と

戦って武名を高めようとするが、軽くあしらわれる。

景気も良く平和な仏山市であったが、ある日北部から金山找と名乗る

拳法家がやって来る。

金は道場主達を次々と破り、もはや仏山に敵はいないと豪語するが、

葉問の存在を知らされ屋敷に乗り込んだ。

自宅が道場扱いされることを快く思わない妻の手前もあり、

「私と勝負しなくても道場は開ける、いい場所を見つけさえすれば良い」

と対戦を拒む葉問であったが、金は挑発を繰り返す。

妻はしびれを切らし、葉問に「家具を壊さない事」を条件に戦う事を許可する。

ようやく対戦となったが、金は葉問の敵ではなかった。

「北派武術が南派武術に負けた」と言う金だったが、

葉問は、勝敗を分けるのは流派ではなく本人の実力であると諭した。

1938年10月、仏山は日本軍に占領され、

葉問邸は司令部として使用されることになった。

一家はあばら屋に引っ越し、使用人もいなくなり、

その日の食べ物にも事欠く生活を強いられた。

妻は病に倒れ、葉問は土方仕事で糊口をしのぐことになるが、

この現場で林と再会する。

日本兵の通訳はかつて警官であった李で、

空手を学んでいる兵士達の組手の相手を探していると言う。

同胞を売る李を軽蔑する葉問や林だったが、

試合に勝てば米一袋をもらえると聞くと林は態度を改め、

制止する葉問を余所に試合に志願する。

翌日、林の姿が見えないのをいぶかしむ葉問!

空手との組手に自ら志願する。

葉問は林もここで殺された事を直感し、

10人を相手に組手を申し出、勝利を収める。

いきりたつ練習生達を制止しつつ、米を10袋与え、

また闘いに来いと言う三浦だったが、葉問は米目当てに来たわけではない、

二度と来ないと答える。

三浦はまた、葉問に名を尋ねるが、

葉問はただの中国人の一人であると返答。

葉問の友人の周清泉は綿工場を操業していたが、

山賊と化した金たちに脅迫されていた。

自宅に現れた李は、三浦が葉問との手合わせを望んでいるという話であったが、

共に現れた佐藤が息子に銃を突きつけ、

妻に食指を動かしたため葉問は咄嗟に攻撃し、

佐藤と護衛の兵士を気絶させる。

三浦は、葉問の反抗は死に値するが、

軍の格闘技師範となれば命を助けると持ちかける。

しかし葉問は拒絶し、自分の武術を知りたければ自分と戦ってみろと提案。

やがて仏山の町中において、市民と兵士に囲まれ、

「文化交流」の名のもとに葉問と三浦の試合が催されることとなった。

序盤は三浦の豪快な技に手こずる葉問だったが、

次第に巧みな手捌きで三浦を翻弄し、

最後は三浦を舞台の隅の柱に追いやって滅多打ちにし、見事勝利する。

葉問の勝利に観衆は大喝采し、葉問コールが鳴り響く中、観衆を見渡す葉問。

しかし、そんな中、意地でも葉問を負かせたい佐藤によって、

葉問は背後から撃たれてしまう。

中国映画「イップ・マン 序章」感想

この作品は、3部作からなっており、全てしっかり繋がっています。

「イップ・マン 序章」

「イップ・マン 葉問」

「イップ・マン 継承」

木人樁で修練を積む姿は、なんだかワクワクします。

主演のドニー・イェンはこの役を演じるため、

ホテルの部屋に木人樁(もくじんしょう)を持ちこんで

クランクインまでの9か月間その習得に励んだそうです。

そして、コメントでは

「自分は功夫映画にはこだわりがある。

ただのアクションではなく武術の文化と功夫の精神を観客に伝えたかったんだ」

と語っている。

中国の武術の文化と功夫の精神が、非常に伝わって来る作品となっています。

アクションを楽しめるカンフー映画ですが、

ストーリー的には、実史とは少し異なっているようです。

詠春拳の達人で、ブルースリーの師匠と言う事が非常にクローズアップ

されている葉問ですが、詠春拳の一連の動作の美しさには惹かれるものがあります。

シリーズ1作目、最後に重傷を負いながら、友人の助けで逃げた

葉問が気になります。

主演のドニー・イェンのカンフーを楽しみたい方にお勧めの作品。

シリーズ全て見ましたので、1作品ずつご紹介していきます。

コメント

  1. これどれか忘れましたが、シリーズの一つを観たことがあります。
    けっこう面白かった気がします。
    ドニー・イェンのカンフーは最高ですね!

    • ダメうさぎダメうさぎ より:

      コメントありがとうございます。

      この作品はシリーズ1作目なのですが
      3作目迄あるので、ご紹介してるうちに
      あ!これって思い出されるかもしれませんね
      ドニー・イエンカッコよかったですねー

タイトルとURLをコピーしました